労働基準監督官からの連絡

「確認が取れました」との連絡。 会社の代表者である社長と連絡が取れ (出頭したらしい・・・この表現でいいのかどうか?) 私の供述の裏が取れたということだ。 不正受給を疑う係官の鼻をあかすことができたわけだ。 しかし、給料を支払っていないのは私だけで 他の従業員には支払ったと言ったそうである。 えっ?私だけが"はみご"ってこと? それじゃ~まるでイジメではないかっ。 でも、私は知っていた。最低でも、あと二人いる事を。 そんな事を言ってもややこしくなるだけで この係官がすげぇ~、いけ好かないヤツだったし そのままスルー。 あとは〇〇(社長)さんと直接、話し合 って 覚書とかねっ。念書とかねっ。(←口癖みたい) を貰ってください。 その結果については必ず、報告をするようにと。 実際に社長から気まずい声の連絡が入り 私の住む、そしてまた、その社長が未だ管理している マンションの駐車場にとめた車の中で 5月末までに支払うという覚書をもらった。 彼の話では嫁からのメールの内容と同じで 施設がもうすぐ売れるから、それで支払えるとのこと。 車は黒のベンツから銀色の軽の国産車に変わってた。 その覚書の内容について、社長と私の双方から 別々に報告し、内容に相違ないことを確認したその係官は これで完了とさせていただきますと。 あっけなく終了。 だがしかし、 これですんなり終わるハズもなかった。

続きを読む

届いたメールの内容。

本当に私の身に起こった事を正直に書いてきた。 でも、書きかけては、何度も思いとどまった事。 経営者の嫁であり私の親友からのメール内容。 労働基準監督署への申し出を取り下げて欲しいという内容。 あの日、「わかった。行っといで」と言った彼女。 会社所有の施設が売れそう。 そしたら迷惑かけた業者さんに、いくらかでも支払える。 それが出来なくなってしまう。 会話では無く、一方的なメール。 起死回生を狙って、一生懸命に奔走している旦那を 私が邪魔をしてると言っているのだろうか? 辛かった。 っと。ここで気を取り直して・・・。 届いたぁ~。と言えば。 って何が?って・・・ヒアルロン酸。 かつて定期購入していたプラセンタ系や黒酢系、他少々も 再開すればいいのだろうが、 世の中、“お試し”が溢れんばかり。 せっかくだから、じっくりと自分にあったモノを選んでいこう。 でも、頭をよぎる。思い出す。 根暗(←死語)にどっぷり浸かりながら 「経済的理由でストップします」と諦めていった数々。 “お試し購入”は、この連絡をしないで済む。

続きを読む

DoCoMoのためのウィルコムってかっ

先日25日の『納得できない証拠』のつづき。 使用不能の携帯に料金を払い続けるハメに陥って カスタマーセンターに直訴するにも電話がない。 おそらくドコモ本部で稟議を挙げる展開になるハズ。 フリーダイヤルといえども折り返しを待つ事になるだろう。 折しもこの時、ゴールデンウイークに突入。 手っ取り早く格安で携帯を手に入れなければっ。 携帯shopが集中する吹田(すいたと読む。ロ~カル)へ。 ウィルコム(現在のワイモバ)で3台ゲット(一盛りなんぼってヤツ)。 今回のような事態に備えて外出用と自宅用。 もう一台は両親のための実家用。 これで10分までは通話料無料(1台につき1ヶ月限度100回)。 予想どうり、DoCoMoカスタマーセンターのオペレーターから 連絡を待つように指示された。 サービス業として日・祝も夜も連絡はつくけれど 肝心要の決済的な事は本部営業日まで待たされる。 ようやく着電。さすがに紳士(役付き)から丁寧な連絡。 行方不明会社一括契約から私の番号を切り離すについては 既に私個人名義になっているので滞納未払い分も 切り離してくれるとの事。 (あったりまえやろっ!をグッと我慢)。 次の言葉が世知辛い。 請求書さえも送ることをせずに、直ちにDoCoMo shopで支払えと。 よろしい。行きましょ。行きますよ。直ぐに。 最後には 「今後ともDoCoMoをよろしくお願いします」だと。 私も大人だ。素直に「はいっ」と礼儀正しく電話を切…

続きを読む