さすがにめげた。労基でのやりとり

相談するべく労働基準監督署の住所・地図をプリントアウトし バスと電車、徒歩約15分。 受付けてくれた男性社員は名刺をくれてソフトな対応。 ところがどっこい。 紹介された監督係官の質問の後の突っ込みには さすがの私もメゲた。 まず、法律上の倒産では無いために裁判所命令等の証明ができない。 私の言葉しかないのだから 「ほんまかいな?」と思うのもしょうがないけど。 順を追って説明する度にイチイチ突っ込んでくるヤツ。 「それで、タイムカードのコピーとか未払期間の労働を証明するものは?」 「嫁とは連絡がつくなら積極的な連絡をしたらいいじゃないですか」 「あなた以外で給料をもらってない人は?」 「家賃の請求書が来るなら存在・営業してるんじゃないですかっ」 「そこで直接、訴えるとかねっ。訴訟を起こすとかねっ」 気力が萎えた。 腹が立った。引き下がるもんかと思った。 締め日(月末とか)にタイムカードをコピーしてる人なんて いるの? 危機感を感じている人はしたほうがいいかもしれませんよ。

続きを読む