母入院・手術。人生いろいろ

母の手術入院準備のため、疲れ果てた。 80歳になる母は年齢に応じたボケ炸裂(もともと天然)で・・・ 保護者というか、ほぼ通訳として丸一日付き添った。 手術事態は簡単そう(ヘルニア)。 だがしかし、既往症・内服薬の確認やら、採血やら 今回の手術に向けて麻酔薬選定の検査やら 肺活量の検査などなど。 まず、既往症の確認で 「はい。先生、私、11キロも痩せてねぇ~」 (あっ、いや、そんな話と違うから・・・) 現在、服用している薬については 「持って来てないし、お薬手帳なんて貰ったことない」 (嘘つけぇ~) 「○○病院に電話して聞いてっ!」 (わがままが過ぎるっ) 生活を共にしている旦那さまは健康ですか?の問いに 「いいえ、全然。膝が悪くてねぇ~」 (家事全般、その旦那、つまり私の父がしてるんだよっ!) 横道に逸れまくりで、質問の意味をまったく理解せずに 「だから病院は、ややこしい」と悪態をつく始末。 (あんたこそがややこしくしてんだよっ!) 肺活量の検査に至ってはまるで保育園児の 初めての“おゆうぎ”状態。 検査師(看護師)さんと私とで そうそう、上手、上手、もう少し、あと少し。 もう一回、やってみようかっ。 じゃ~今度はねぇ~、こうしてみようかぁ~。 と、やんややんやのエールと喝采で やっと終わらせた。

続きを読む