遅すぎるなんてコトは無い。と言い聞かせて

それなりに安定した収入があった頃は それなりのサプリや化粧品等の定期購入もしていたけど (写真はほんの一部の残骸) 預金取り崩し生活に突入してからは それらの一つ一つが贅沢品となってしまい、 分不相応と認めざる得ない生活となっていった。 子供の教育等の目的のある節約とは違って、我慢の見返りが無い事。 当たり前の我慢でも、少しづつ何かが失われていく。 引きこもり生活は好きなだけ眠っていられる。 外出しないから、めったに歩かない。 出費を避けるから人付き合いしない。 外見を気にしなくなって、かまわなくなる。 気が付けば、富士山頭(てっぺんが白髪、下が過去のヘアダイ)を ニット帽で隠し、すっぴんのために、余計に深く被る。 たまの外出もベタ靴にクリーニングに出さなくてすむ服。 体重は変わらないのに服がキツく感じる(赤身から白身に変化でブヨブヨ)。 もうすぐ、預金残高が底をつく。 遅すぎるなんてことはないと とにかく立ち上がる。 なりたい自分に近づこう。 この時、今から約半年程、前のこと。

続きを読む