期限当日、受け取ったのは

覚書の期限当日、昼頃に社長から連絡が入る。 「○○ちゃん(私のこと)、ごめん。少ししか用意できひんかった」 予想的中。 売れるはずの施設(他県)は倒産したリゾートホテルを買い取り サービス付き高齢者住宅に改装した(実際、工事完了していたのか不明) 自信作だったのだろう。 近くの駅で待ち合わせてまたも車の中でのやりとり。 未払い給料の約四分の一を受け取った。 封筒は信用金庫の封筒。誰かに借りたのかもしれない。 覚書の金額部分に二重線を引き、印鑑を押して金額を訂正。 この時、新しい携帯電話の番号を知らされる。 ウィルコム。考えるコトは同じか・・・。 この人もまた、私と同じ、一山なんぼで低料金の携帯を ゲットしたわけだ。 「残金は来月こそっ」と言ったのは社長のほうからで 「他に何か困った事があったら連絡してっ!」とも。 在職中の後半5年間程は、給与遅滞が常習化していて 妻帯者やローン返済のある社員を優先させるため 独身でローンを抱えていない私は末席だった。 気が付けば100万円を優に越えていたために 会社が管理するマンションに引っ越して 当時の未払分を2年以上かけて、回収して来たのだ。 管理部門の経理全般を担っていたから 帳簿にキチンと計上し、毎月、税理士への報告はもちろんのこと。 こんな事を繰り返す内に一人、また一人と社員は辞めていった。 経営者は益々、掛け金を増やすことで損失を取り戻そうとする。 身の丈に合わぬ博打へと進む。 …

続きを読む