天然パーマとクセ毛

インド産のヘナでインディゴ(藍)配合分と100%天然ホホバオイル       くそっ。これだけでは全然足りないっ! んで、今日もニット帽をかぶってやり過ごす。 三か月に一度¥16,000円を払って美容室で全体を染めて、 あとはTV通販購入のクリーム状のモノで自分でリタッチ(伸びた白髪だけ対応すること)。 を繰り返してなんとか白髪対策をしていたけど、いまひとつ均一感が無いなっとは 思ってた。そんな3年程前、人の口車に乗せられてヘナを大量に購入し その人の言う通りにやってみた。 よく“あの頃に戻ったような”という表現があるけど・・・ 私の場合は、完全に生まれ変わった。 中学生の頃はドギツイ天然パーマで入学したての頃は複数の上級生に何度も呼び出される。 『あんた、パーマあててるやろ!』ってやつ。今の子は、そんな事あるのかな? 最初に洗礼を受けたのが校内一の実力派グループでその名も“番ちゃん”というリーダー率いる グループ。バカ正直にノコノコとたった一人で校舎の裏へ行ったらば 『あんたホンマに一人で来たん?』と・・・。その日以来、メチャクチャ可愛がってもらって 他のグループが私を呼び出す度に、それを聞きつけた“番ちゃん”が成敗しにやってくる。 何度目だったか?もう慣れた頃に、私を囲む諸先輩の中に同じ団地の女の顔が。 いつも通り、一通りの問答の後、またいつも通り五体満足で戻る。 ただの一度もこづかれたり、殴られたりした事は無かったけど、この同じ団地の女だけは 許せない…

続きを読む

白髪染め

春。もうそろそろニット帽を脱がないと。 山頂に雪を頂く富士山のごとく、いやいや、こめかみも耳の回りも。 シャンプーの後の櫛通りも最悪だ。 白髪との闘いは長く30代突入時からどれだけお金を費やしてきたことか。 美容院で大金を払って頭皮や首の付け根がヒリヒリするするのを我慢しても、 すぐにまた、行かなくてはいけない。 ヘナ(HENNA)を知ってからは痛みを我慢することは無くなったけど 扱う美容院を探すのが大変で、一度に¥20,000も支払って、今は亡きくるよちゃんの おにぎりに海苔みたいな仕上がりにされたこともあった。 それからはTVショッピングサイトの常連。すでにクリーム状に解いてあるから簡単だし。 古くからヨーロッパなどでトリートメントとして使用されているものだから、 シャンプー後、湿布したまま寝て、翌朝に洗い流す。という怠慢さ。 日本でも知名度が上がるにつれ、本場のモノ…つまり、ペルシャやインド原産の ケミカルなモノが混ざっていない正真正銘の粉が買えるようになった。 しかし、面倒くさい。面倒くさいけど・・・髪は生まれ変わる 私は美容ブロガーでは無い。けれども、ヘナ(HENNA)に関しては自信を持って語れる。 シャンプーの度にとかトリートメントを変えるだけとか クリームを塗ったら知らないうちに・・・とか、簡単なモノがいっぱいある。 白髪との闘いは死ぬまで続くからこれらの助っ人を上手く取り入れて長い闘いに挑むのだ。

続きを読む

春らしくなってきたけど桜はまだみたい。 って言ってるうちにいきなり“わぁっ~”と咲いてビックリしたりする。 これは通勤路の一角。ボランティアによる花壇。 綺麗なのでいつもより大きく掲載してます。 事務所のトイレットペーパーがそろそろなくなる。マルナカの5%引き券は今日まで。 今日はお休みだけど、たった14円ほどの節約のために30分も歩く。 腹が減る分、損かもしれない・・・。 近くの畑では蓮華がぽつぽつと咲いてた。一面に咲いたらここでおにぎりを食べたいなぁ~。 悲惨なニュースがつづく中、わずかな節約に必死になったり、 美しい花を見てほほ笑んだり、蓮華畑でおにぎりを想像したり・・・。 こんなんでいいのか?とちょっと思ったりもする。

続きを読む