いのちを預かる場所

2月15日のはてな匿名ダイアリー『保育園落ちた日本死ね!!!』 各メディアが取り上げたことで2週間で国会まで届いた。 http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20160303-00054988/ けれど・・・宇宙から星の光は届くのに・・・実際には行けない距離と同じ。 箱(建物)だけ作っても機能しないものが沢山ある。 “命”を預かる場所だ。保育園や高齢者住宅。 ビジネスとしてしっかりと確立されているシステムだけど 実際の現場、根底から支える人達には『割りに合わない』現状が 志した理想を潰してしまうのだろう。 何処を切り口に、メスを入れるべきなんだろう? 前勤務先(消滅した)でも犬を2匹、ボランティアで引き取ってた。 そりゃあもう可愛いのなんの。今、思い出しても涙が溢れる。 「そんなに犬が好きなのに、なんで飼わないの?」とよく聞かれた。 毎回、私の答えはおんなじ。 「だって、命よ、い・の・ち」 責任が持てないからだ。逃げているように聞こえるだろうが、 これは私の決断。 賃貸住宅にまつわる業からサービス付き高齢者住宅へ事業を拡大する時も 私は反対だったし、その部門には係わらずに済んだ。 さぞや立派な事業をしているかのような態度にむかついた。 『本質を見つめていない』と感じたからだ。 プロ意識とは本来何なのか? 2020年開催のオリンピック会場の図面には聖火台が無い。 無邪気な子供に「オリンピックの絵を描こう」…

続きを読む

パンケーキ

 ↓この紫色は自然の色でタロイモの色。味はサッパリ、ウベパンケーキ。 ブーツ&キモズのマカデミアナッツパンケーキに引けを取らない。 今や、日本中いたるところでハワイパンケーキ。 パンケーキはアメリカの朝食の定番だけど、もう少し深い意味を持ってる。 日本人がお正月に“お雑煮”食べるのと少し似てるかなぁ~。 この“お雑煮”の本来の意味も今じゃ~、薄れちゃってる。 そもそも「今年の家計を預けますよ~」の意味で、一家の主がこさえるもの。 日曜の朝にパパが家族サービスの一環としてパパらしいパンケーキを こさえるのが家族への愛の証し。 チョコチップやキャラメルソースで顔を作ってみたり…。 家族が休みの朝(パパのあわただしい出勤準備の無い)ゆっくりと朝食を楽しむ。、 すかっかり有名になったエッグスンシングスン(ハワイ本店も日本人オーナーになった)。 私の定番はアーリーバードスペシャル。 2枚のパンケーキ、卵(選べるスタイル)、カリカリベーコン。 コーヒーをプラスしても5ドル程だった。 横浜店で似たようなチョイスをしたら¥1,800も払ってビックリ!(がっかり⤵)。 Tシャツの文字が変形するほど太ったシェフ(?)も 客を家族みたいに扱うお母さんウエイトレスも居なくなった。 観光地ならではの24時間、交代制で働く人の夜食だったり、朝食だった。 「いらっしゃいませ」は「今から仕事かい?」とか「お疲れさん」だった。 「ありがとうございました」は「頑張っといで!」とか「おや…

続きを読む