ズボラな知恵

前回の記事でも書いたように毎日、お弁当を作ってて“後片付け”が 面倒くせぇ~と思ってる人いませんか?私だけかな? 食洗器がやってくれる人は別として・・・。 卵焼きにしたって卵を割った後に解く(かき混ぜる)でしょ? これでボールがひとつ、洗いモノになるわけ。 出来上がった卵焼きをいきなり弁当箱に入れないから 一時置きの皿が要る。これで洗いモノが二つ。 作る量にもよると思うけど、賃貸の狭い台所で毎日、奮闘してる人も居るかと…。 私の場合、まな板を二つ用意。一つはもちろん、材料のカットのため。 もう一つが受け皿替わり。最近はカットした材料をそのまま鍋に放り込める 薄手で変形自在なモノがあるからこれを利用するのも良いかと。 100円ショップで買った最大メーター数(60mもある)のラップ大をこのまな板の上に。 安物は密着度が悪いけど密着させる必要はない。油汚れ除けとして使う。 それとキッチンペーバーとのコラボ。 この左はゼリーの空きカップ。この形状はなかなかの便利アイテム。 卵2個分を解くのにちょうど良い大きさで、上部のパフェを盛るような広がりが フライパン等に流し入れやすい。   フライパンの進歩は目覚ましい。TVショッピングの花形選手。 なんでんかんでんフライパンひとつ。 ガスレンジの火はつけたまま、一つ目のおかずを受け皿まな板へ置いたら サッと水を流してペーバーでふき取れば次のおかずへ。 汚れの度合いを予想して作る順序を考えればいい。 マヨネーズ焼きとか…

続きを読む