飲み仲間の新しいかたち

俳優の吉野圭吾もオトコの別腹と称すN.Y.C.SANDが我が家にも来ましたよん。 中のトロトロさを写真に収めようとしたら“納豆の糸ひき”みたいいになった(愕)から 止めて撮りなおしたこの写真で。 東京大丸か羽田空港でしか買えないお菓子。 もともとキューバのお菓子でハバナサンド。1960年からニューヨークで売られるようになって 今や、東京土産とも言われる。 そんなお菓子が私の所に何故、お越しいただいたのかというと。 JAL国内線、客室乗務員のお土産。 私の友達ではなく、父が通うスポーツジム(扇町公園)仲間。 で、私が父から奪い取ったみたいなぁ・・・。 私と一緒でお酒の飲めない父は、大食漢だった。 年のせいですっかり食が細くなったとはいえ、今でも普通の人よりは食べる。 蕎麦屋に行くと必ず、伝票を持った店員さんがオーダーを確認しに戻ってくる。 人数とオーダー品との数が合わないから。お好み焼き屋さんもしかり。 天ざるそぼ+かちんうどん+かやくご飯定食=オーダー3,テーブル№□ カスタマー2人。厨房のおやじさんがアルバイト定員に確認して来いと命ずる。 最近はオーダー数と人数が合わない事を最初に宣言するけれど、 納得しにくいのか?新しい店では今でも混乱をまねく。 20代前半のジムインストラクターと20代後半のキャビンアテンダントと30代後半の女性会員。 父側、同世代の男3人(平均年齢70歳)。 このグループで“飲み会”なるモノをしたと聞いた時には 「よく、付き…

続きを読む