低体温症でした

昨日の体調不良は低体温によるものと思われる。 布団に入って眠る前に体温を計ったら35℃。何度計っても同じ。 この体温計壊れてる?朝、起きてもう一度、計ってみれば解るかも?とそのまま寝る。 で、今朝は36℃だったので大丈夫かと。 この記事を書く前に“オムロンの女性のカラダ基礎知識”で一応調べてみた。 人間の身体は本来、常に36度~37度くらいを保てるようになっていて35度は低体温。 改善方法は運動するとか、身体を温める入浴や食事とある。 ほとんど毎日、歩いてる。ショウガが大好きでその日も食べた。 入浴?…さすがに朝から風呂にはつからなかったが、この症状の時には 熱めのシャワーを背中にあててしばらくすると良くなるのに昨日はダメだった。 んで・・・ 『代謝に関係するホルモンの中で「甲状腺ホルモン」が足りなくなると、  低体温になることがあります』 悪夢再び?かも?まぁ、とりあえず気にしないでおこう。 数年前に同じ症状“頭が重い(特に後頭部から首付近)”“背中が痛い”などで バッファリンを午前中に飲んで、夜も飲んで、コーヒー飲んだら 両手の平が急に熱くなってみるみるうちに膨らんできた。 指輪が指に食い込んで外れない、痛い!顔も赤く膨らんできた。 あっというまに“ゴーストバスターズのマシュマロマン”みたいになって 持ってる診察券(大学病院・済生会)を頼りに電話しても、皮膚科の当直がいないと いう理由で断られ、ようやくキリスト教病院で受け入れてくれる返事をもらった。…

続きを読む