シスター・クリスチーナ

去年、日本でもデビューしたシスター・クリスチーナを知ってます? 素人が自慢の歌声を披露する番組から、これまでに沢山のスターが生まれ 私たち視聴者はほんの3分かそこらで奇跡をみることができる。 どんなドラマよりどんな映画よりも心に残ったりする。 アメリカンアイドルも今年がファイナル。 そんな中でもイタリアの番組のヴォイス。 まだ観たことないという方は是非、一度みてください。 昼の休憩とか三時のおやつタイムとか、ひと段落の合間にでも。 Yahoo!映像『一夜でスターになった修道女の超絶美声』 (ここに張り付けたいけど、Ytubeには著作権問題があるらしいので検索してみてください) まず、彼女が歌い出したとたんに客席からのスタンディングオーベーション。 審査員はステージに背を向けて座っていて、歌声が気に入ればスイッチを押して 椅子をクルリと反転させて初めてその歌い手を見ることができるような仕掛けになってる。 だから…「歌が認められなければ振り向いてもらえない」ってこと。 4人の審査員が次々に振り向いた驚愕の表情はまぁ~、当たり前かも。 審査員とシスターのやりとりのイタリア語の会話は 「マンマ・ミーヤ!」以外、まったく理解できないけど、 審査員の一人が、まさに“falling love(恋に落ちる)”の顔が…。 私には8分間の短編映画のよう。 さて、そのデビュー曲がなんと・・・マドンナのライク・ア・ヴァージン。 Yahoo!映像『日本デビューする現役修道女の…

続きを読む