できる事を考える時

毎日、意識してせっせと貯めているポイント以外にあまり気にも留めていない ポイントとか無いですか? 各企業が被災者支援に役立てるために企画を立ち上げていると思う。 HP上で簡単に寄付できるはず。 あと、マイレージ。JALマイレージバンク、ANAマイレ-ジクラブ。 どちらも5月31日23:59(日本時間)まで3,000マイル(3,000円に相当)を1口です。 5年前の東日本大震災の時、私は引っ越したばかりで新居内は段ボールだらけ。 毎日、ダンボール箱でルービックキューブをするみたいに必要なモノを探す毎日。 食器が好きで少しづつ増えてしまった食器類は大家族を養えるくらいにまで。 長野県の友人から良い情報をもらってほとんど全部ってか、ダンボール箱ごと寄付した。 後で思い返して泣いたモノもあったけど。 ↓↓『亘理いちごっこ』今はNPO法人になりました。 http://ichigokko.org/ 当時、被災者の方には無料で、その他一般の方からは500円で食事を提供していたお店。 素晴らしい企画ではあるけど、ほんの短い時間内でいかに沢山の食事を用意できるか?が 勝負なわけで給仕しながら洗い物をしていては高効率は望めない。 ビニール袋に入ったおにぎりは侘しいし、使い捨て容器ではエコにも良くない。 せめて陶器の食器で食事をしてほしいと言った代表の馬場照子さんに賛同。 数ヶ月後の企画がまたスゴイっ! 仮設住宅に当選した人への支援物資募集で予定住人の方達で自ら企画するバザ…

続きを読む

枕元のスリッパ

4月14日9時26分熊本を中心とする地震発生からNHK放送をつけっ放しにしてる。 阪神淡路大震災を経験した関西人はあの恐怖感を今日のことのように思い出しているはず。 ニュースを気にしながらも眠ってしまった私は自分が薄情な人間のように感じて落ち込む。 あの時・・・ 私のマンションは地中に埋まった水道管が破裂して噴水を上げていた。 部屋は中はモノが落ちて割れた程度ですぐに片付いたけど、 職種の命ともいうべき機械が壁に何度も激突したせいで壊れて100万以上の修理代がかかったけど すぐに日常を取り戻すことができた。 被害の大きかった場所に何かを届けたくてもコンビニもスーパーにもモノが売ってなかった。 バックパックにいろんなモノを詰め込んで被災地へと線路を歩く多くの人達に頭を下げた。 枕元に買った時のまま封も切らずにスリッパを置くようにしてる。 いざという時に持ち出すモノを取に行くためのスリッパで底に銅板が入っているのに軽い。 商品のキャッチコピーは「ガラスの上を走って逃げる」とある。 そそっかしい私が台所でガラス等を割った時にすぐ掃除機のある場所に行けるようにと 買ったもの。地震の時も役に立つだろうと2足買った。 ささやかなこの備えを自慢しているわけではない。 お父さんやお母さんが、家族を守るべき時に自分が怪我をしないでと言いたいだけ。 何処に傷を負っても大変だけど、特に足の裏を怪我すると自分が支えられる立場になってしまう。 つまらない提案だと思うけれど、綺麗に…

続きを読む