コーヒーは美味いのにバリスタがねぇ~

前回の記事でハワイのスターバックスラテについて誤解が生じたかも? 名誉のために言っておきますがハワイ産のコーヒーは本当に美味しい。 豆のまま買って、持って帰って、自分で淹れると・・・。 アメリカではバリスタと呼ばれるコーヒーを淹れる職業やその職につく人が シアトルで革命を起こしたスターバックス以前には存在しなかった。 でかいマグカップでお水代わりにガブガブと飲むのが普通だったから 日本人には薄いと感じてしまうのだ。 そこへもってきてアイスクリームやヨーグルト等の乳製品は濃い。 日本じゃコーヒーをオーダーすると「お砂糖とミルクは?」と聞かれるが 向こうじゃ「クリーム&シュガー?」と聞かれるほどに濃厚なイメージ。 そして、ホイップクリームをやたらとかけたがる文化。 韓国の人気俳優ヒョン・ビンが修行したホノルルコーヒーカンパニーには 世界的に通用するバリスタがいて、そんな実力を持った人が徹底的に教育をしないと 日本人移民が世界ブランドまでに押し上げた美味しいコーヒーを活かせない。 ↑このコーヒーはハワイ島のカウ地区にあるわずか40の農園でしか栽培されていないコーヒー。  豆は、通常1つの果実の中に2つの豆(種)が平らな面を向かい合わせにして入っている  まれに1粒だけのものがあり、これがピーベリーで収穫量の3~5%程度。  ファーマーズマーケットで24ドルで買ったけど、今は簡単にネットでも買える。  けど、恐ろしく高い。 2年前に寝屋川でAIKANE PLA…

続きを読む