カレンダーなのに値段が上がるん?!

時々、Amazonからおすすめの商品のご紹介メールが届く。 未払い給料の回収のために5年前に引っ越した時には買いまくってたからねぇ~。 荷ほどきが面倒で、支援物資にうってつけの分類分けされたダンボール箱。 いっそ新しいモノに買い替えてゆこうと厄介払いするがごとく送った後は、 少しずつ必要な食器類とかをAmazon頼りで買い揃えていった。 今では狭い部屋を見渡せば大型家具以外がAmazon屋敷と言っていいくらい。 配達のお兄さんは私のスケジュールを把握するまでに仲良くなって不在配達も不要。 在庫セールなどの値動きをマメにチェックして夜中のポチッで何でも買える。 安く入手できて送料も無料。感謝の気持ちを表すべくレビュー(口コミ)も書く。 気付かなかったっ!レビューの名を辿ったら何を買ったのかが全部バレバレだということを。 信州の知り合いから「干椎茸が好きなんですねっ?今度、送ります」とメールが来た! はて?なんで知ってんの?聞いたらばカスタマーレビューで私だと気付いたそうだ。 うわっ。鰹節とかぜんまいとかマッシュルーム缶とかもぉ~。 今回のおすすめはクラーク・リトルの本だった。買えるワケ無い。カレンダーが関の山だっ。 それだって2014年版を¥1,260で買って次の年からは100円ショップで買った数字だけのモノを 上から重ねて使ってるんだから・・・。“こちらもどうぞ・・・”に視線を動かす。 うん?なんで2014年のカレンダーが今更、出品されてんの?しかも中古!が…

続きを読む