縁もゆかりもないはずの人

隣のビルの玄関、看板支柱と建物外壁タイル、車が激突した跡。 花を生けてある花瓶がわりの瓶には白いリボンが結ばれている。 あの蘇生術も間に合わなかった事を物語っているのかな。 その日の記事 http://corallehua.seesaa.net/article/438213625.html?1464663210 私が見たときには救急車以外にタクシーが一台だけ。 他に事故車を見た記憶もない。 怖かったし、直視する勇気もなく慌てて側を離れ、迂回したし・・・。 数ヶ月前、大阪駅付近で運転中に発作に見舞われ、歩行者を巻き込んでしまった人がいた。 きっと同じようなケースだったのかな?運転中に心筋梗塞とか脳溢血とか・・・。 知る限り、巻き込まれた人はいなかったと思う。 これをせめてもの救いと言っていいのかどうか?と思うけれど この世界で自分の人生最後の日に、本来なら縁もゆかりもない人に怪我を負わせてしまったり 期せずして道連れにしてしまったり。 あの時、何故、あの場所に・・・という、答えのない、ぶつける相手もいない問いかけが どこまでも家族を苦しめることに。縁やゆかりも『なんの因果か・・・』に変わる。 『助けてください これが最後のチャンスです』 遠い国で活動の資金源とされてしまった安田純平さん。 画像を投稿した人物は電話取材に応じ、「ヌスラ戦線」が身代金目的で安田さんを拘束しているとの説明とともに「一カ月以内に支払われなければISに引き渡される恐れがある」と警…

続きを読む

29(肉)の日のランチ in タケル

ほぼ、月一の割合で常連化しちゃってるステーキ・ハンバーグのタケル。 「いつものヤツ」を食べるつもりでランチへ。 時刻は13:30分。いつものようにそれなりの行列だけど、待ち時間はいつも大したことはない。 行列担当のスタッフがオーダーを取りに来る。 うん?・・・おっと、今日は肉の日ではないかっ?ランチメニューが決まっていて、 デミグラスソースハンバーグorチャックアイ ステーキの2種類。 Sサイズが500円、Wサイズは1000円、両方が一つの皿に乗ってるコンビネーション1000円。 これでスープ・サラダ(ほとんどキャベツ)・ライスが好きなだけ食べれる。 好みの味を自分で作ることが出来る調味料の多さは味を変えながら楽しめる。 私の定番は超粗びきハンバーグで父の定番がフィレカットステーキ、そしてソフトクリーム。 しかたなくコンビネーションのデミグラスソースをかけないで!をオーダー。 私はいつものように、近所のスーパーでは買えないイエローマスタードと醤油をつけて頂く。 ハンバーグにナイフを入れると肉汁がジュワー・・・残念ながら私の好みではない。 チャックアイ ステーキは少々、歯ごたえのある部位のため包丁で丁寧な細工がしてあって食べやすかった。 残念なのはソフトクリームは本日、お休み。 ここで最初にやるコト。サラダ用のキャベツにタケルのドレッシング少々&塩&玉ねぎベースの特性ソースを乗せてひたすら混ぜる。空気を抜いて簡単浅漬け。 寺のお坊様のようにお漬物が無いと食…

続きを読む

世界!日本行きたい人応援団

日本に魅せられ、日本に焦がれる世界の誰かを探し出して招待しよう。 そして、様々なおもてなしを用意して夢の実現に向けてお手伝いをする番組。 普段CSばかり見ている私が偶然、見たのはハンガリーに住む“わらじ”大好き男子大学生。 忍者ハットリ君のアニメで“わらじ”に魅せられてから独学で“わらじ”の形は作れるようになったものの、本物のワラにも触れたことのない、決して裕福とは言えない青年。 こんな企画とか番組がすごく増えてる気がする。 世界を知ろう、世界を知ることで日本を知ろう、外国人によってこそ学べる。 という企画。日本人にとって当たり前のひとつひとつに感動し、歓喜する姿はそのままダイレクトに心に伝わってくるものだ。 なんかすごく泣けた。自分でもどうしたん?と思う程に泣けた。 今回のハンガリー青年のように御膳立てされたサプライズやプランなんか無くても同じような経験ができることを私は知ってる、たくさん経験してきたからだ・・・と思う。 番組のHP上でも放送時間に泣く泣く入り切らなかった日本全国の皆さんとの‘ステキな出会い’や‘温かいおもてなし’を紹介したい・・・と。 http://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/ 言葉の壁は確かにあって、伝えたいことが伝わらない、理解してもらえない歯がゆさがある。 でも、助けて欲しいという気持ちと目の前の相手を助けてあげたいと思う感情はちゃんと結びつくもんで、要は近づきたいという心があるかどう…

続きを読む