母の日のケーキ

昨日は母の日。近所の小さなケーキ屋さんに行くとものすごい人だかりでそろそろ品薄。 阪急の駅前まで行けば大きなケーキ屋さんがあって、十分な数を用意しているハズ。 だけど・・・たくさん売れるケーキ屋さんがイイとは限らない。 パティシエ監修ってヤツで、実際に作っているのが外注頼みな事も多い。 いつもは美味しいのに、イベントのある時は、なんか・・・美味しくないことあるよねっ。 メッセージの入った綺麗なケーキを眺めながら順番を待っている間に、ちゃんと考えてみた。 お母ちゃんは何が好きだったっけっ?何を美味しいと言って食べていただろうか?と。 自ら『生きてもあと2・3年。好きなモノ食べて死ぬねん』と言う母は、 朝、大量の砂糖を入れた紅茶にトースト。夜は杯(さかずき)程のご飯しか食べず、ほとんどがおやつ系の間食だ。毎月曜日恒例の“一緒にコノミヤ”のお惣菜コーナーで毎回、買うもの・・・。 私はクルリと踵を返してスーパーに行った。    マカロニサラダケーキの下段      上段。 ポテトやスパゲディーが白いマヨネーズに浸かったようなサラダ系惣菜。 私は決して買わないヤツ。それは自分で作れるから。昔人間の母は作ろうとしない。 時々、私がお裾分けをするマカロニサラダが大好物だ。神様、ヒントをありがとう。 細かく刻んだニンジンとキュウリは塩と深煎りゴマと少量のお酢で下味をつけておく。 固めに茹でたマカロニは大き目のザルにあけて、あおりながら素早く冷ますと同時に少しずつマヨネーズを…

続きを読む