オバマ大統領の広島訪問

今日はちょっと、柄にも無く世界ニュースについて。 オバマ大統領の被爆地・広島への訪問が決まって、日本被団協・坪井直代表委員の言葉がなんとも日本人らしくて私個人としてはすごく誇りに感じる。 「慰霊碑の前に立って献花するか、あるいは頭を下げるか私はそれでいい」 Q.謝罪の言葉は? 「なしでいい。広島に来るだけで強い意志がなかったら来ることはできない」 責任の取り方とは収束・終息に向かいケジメをつけるべきで代価を払うことではないと言っているように私には聞こえた。 『リメンバー, パールハーバー』と『ノーモア,ヒロシマ』 北朝鮮では核保有を国民全体が誇りと信じ、最高位ポスト党委員長に就任した金正恩氏の意思ひとつ、もしかすると機嫌ひとつで使ってしまうかもしれない。 “核兵器のない世界・核兵器廃絶に貢献”の情報発信基地は広島と長崎の役目なんだろう。 しかし、この金正恩という人は、どんな本を読んで、どんな映画を観たりする人なのか? きっと三国志とかは読んだりもしたはず。 韓国ドラマとか見たりしないのか?チャングムの誓いとか見て欲しいよねぇ~。 でも、観たら観たで、チェー一族とかの発想に「なるほど、頭イイ~」とか、感銘を受けたりしてチャングムや女医のチャンドクさんを敵視したら意味も無いかぁ~。“誇り高く…”の意味を知って欲しい。 励みになります。よろしければポチをお願いします。 にほんブログ村

続きを読む