みっともない会見、舛添さん。

私が貧乏だから腹がたつのかなぁ~。 議員が規定上、ファーストクラスに乗ってもイイとはどんな理由があるのか? 貧乏人が考えてみる。それは有名人だから。 その他大勢のエコノミー庶民達が握手を求めたり、写真や動画を撮るなどの為にシートベルト着用が望ましい狭い機内の中をウロウロするような混乱を避けるためだろう。 どんなに遠い外国でも成田出発なら1回のフライトは15時間程度、ビジネスクラスの約4倍もするファーストクラスに乗る必要があるとは思えない。 自分にはその価値があるという理由と規定がそうなってるんだから・・・別にかまわんだろうってこと。 為替レートの違いや航空券は高い時期と安い時期があるなど、高額となってしまった背景があったにしろ、空港の「貴賓室」の借り上げが2回で計165万円。 ファーストクラスのチケットを持っていて搭乗までの待ち時間に「貴賓室」は必要は無い。 秘書や職員が勝手に御膳立てしたのなら1回目の時にたしなめるべき。 「国家公務員等の旅費に関する法律(旅費法)」に沿った金額設定の宿泊代。 最高額を首相・最高裁長官で¥40,200に設定していたのは東京都のみ。 愛知、兵庫、福岡など6県は「大臣級」の¥32,200 大阪、千葉など18道府県は「副大臣級」の¥29.000 京都、奈良など17府県は「事務次官級」の¥25.700 旅行ランキング世界一の人気は京都。その京都を代表する知事が基本、それだけしか使えないなんて皮肉なもんだ。 確かに上記の金額では世界…

続きを読む