今さら…だけどチャングム

今、CSで平日の深夜12時から宮廷女官チャングムの誓いの完全版を字幕放送でやってる。 一番流行ってた頃から随分と時間が経ってからNHKの3話連続とかで観てたかなぁ~。 何年経っても、何度、再放送をやっても観る事のできないエピソードってないですか? 私の場合は途中参加ということもあってイ・ヨンエさん登場の前、子役のチョ・ジョウウン時代をしっかりと観た事が無い。 今度こそ、ちゃんと観るぞと思ってたのに、またも第4話を見逃す。 それと、クライマックス手前のいじめっ子だったヨンノが始末される第47話。 一難も去っていないのに、どんどんと難が降りかかる韓国歴史ドラマの中で 『エエかげん、ひつこいんちゃう?』と感じることが少なかったように思う。 チャングムの活躍する場面、つまり立ち位置がどんどんと変わっていくからかも。 不幸・挑戦・挫折・高慢・再起の一定のサイクルがあって、飽きるようで飽きない。 それだけに最終話はあまりにアッケなくてシラけたけど・・・。 んで、改めて気になるコトってゆ~か、気になる子役。 生涯の親友となるヨンセンの子供時代を演じた女の子、キム・ソヨン。 表情がメチャクチャかわいくて、ちょうど、歯が抜けた頃。 大人になったヨンセンとの違和感もない。 調べてみても現在、同姓同名がたくさん出てくるけど別人。 現在は女優として活躍はしていないみたいで、残念。 励みになります。よろしければポチをお願いします。 にほんブログ村

続きを読む