縁もゆかりもないはずの人

隣のビルの玄関、看板支柱と建物外壁タイル、車が激突した跡。 花を生けてある花瓶がわりの瓶には白いリボンが結ばれている。 あの蘇生術も間に合わなかった事を物語っているのかな。 その日の記事 http://corallehua.seesaa.net/article/438213625.html?1464663210 私が見たときには救急車以外にタクシーが一台だけ。 他に事故車を見た記憶もない。 怖かったし、直視する勇気もなく慌てて側を離れ、迂回したし・・・。 数ヶ月前、大阪駅付近で運転中に発作に見舞われ、歩行者を巻き込んでしまった人がいた。 きっと同じようなケースだったのかな?運転中に心筋梗塞とか脳溢血とか・・・。 知る限り、巻き込まれた人はいなかったと思う。 これをせめてもの救いと言っていいのかどうか?と思うけれど この世界で自分の人生最後の日に、本来なら縁もゆかりもない人に怪我を負わせてしまったり 期せずして道連れにしてしまったり。 あの時、何故、あの場所に・・・という、答えのない、ぶつける相手もいない問いかけが どこまでも家族を苦しめることに。縁やゆかりも『なんの因果か・・・』に変わる。 『助けてください これが最後のチャンスです』 遠い国で活動の資金源とされてしまった安田純平さん。 画像を投稿した人物は電話取材に応じ、「ヌスラ戦線」が身代金目的で安田さんを拘束しているとの説明とともに「一カ月以内に支払われなければISに引き渡される恐れがある」と警…

続きを読む