ボケてゆく母の中の小さな覚悟?

雨が降りそうな月曜。 恒例の母とのスーパーコノミヤデー。 天神祭りの花火に間に合うように少し早めに事務所を後にした。 私の顔を見るなり母は 「雨が降りそうだから傘を持ってきた」と 今年の母の日にあげたプレゼントの自動開閉の折りたたみ傘だ。 http://corallehua.seesaa.net/article/437033677.html?1469527065 これまでは、何処かに仕舞い込んで、その存在すら忘れてしまうのに・・・。 失敗したプレゼントではなかったようだ。 人生の終焉に向かい、あと何日、雨が降って あと何回、自分自身でこの傘を差せるだろうか・・・ もしかしたら母も、頭ではなくどこか深いところで、そう感じているのかもしれない・・・と。 「お母ちゃん、開いた傘を閉じる時に固いやろ?自分で出来る?」と聞いてみた。 母の歩行がピタッと止まる。 問いかけの度に、立ち止まって思考回路を回すのが、すっかり癖になってしまった。 そして近くの電信柱に近づいて行き 柄の部分をその柱に押し付けて固定させ、傘の部分をギュッと押し込む 自分なりの傘を閉じる時の工夫をしてみせた。 へぇ~、ヤルじゃんかっ。 買い物を終えての帰路。 数分置きに、ハッとして腕を持ちあげる。 傘に付属する輪になったヒモが、ちゃんと自分の右腕にあるかどうかの確認。 私のマンションにやってくる時も、インターホンのチャイムボタンが覚えられず 撮影カメラ部分が、凹まないの…

続きを読む