消えた車内販売・・・駅弁は買っておくべし

先日の記事画面がなにやらヘンな事になってしまった。 改めて・・・やり直したんだけど・・・大丈夫かなっ? いつまで経っても上達しません(面目ねぇ~すっ) 10時16分発の和倉温泉行きサンダーバード15号に乗り込む前に駅弁を物色。 ここ大阪では郷土食豊かな駅弁とはいかないし…長年、最も信頼する味は水了軒の八角弁当。 甲子園での野球観戦の際も必ず、阪神百貨店で買い求める定番。 正統派幕の内で関西料亭を思わせる薄味で上品な味わいは定期的に食べたくなる。 だがしかし、地元なのに?これがなかなか見つからない。 そんな中、“神戸ビフテキ亭デリ”なるモノを発見! ¥1580から¥2,800中心の神戸牛・黒毛和牛のお弁当で最高額は¥30,000。 http://www.deli-tekitei.com/menu1.html フラリと立ち寄って、この最高級弁当を買う旅行者がいるのだろうか? 長年、コツコツと計画を練らねば買えないと思うけど~。 あるいは成金パトロンと愛人のお忍び旅行?(そんな時代でもないかぁ~) 貧乏人の私はビビッて写真も撮れなかったよぉ~。 んで…やっぱり、いつもの“米屋のおにぎり”かぁ~ 次に2階へ降りて地下鉄寄りのスーパーで“夏野菜のおでん”を   ここのスーパーで売っている宗家森本のお惣菜は私のお気に入り   父親は七尾駅に着いてから恒例のスパゲティーを食べるためにじっと我慢。 4時間ほどの乗車で午後の2時過ぎに到着した…

続きを読む

和倉温泉“のと楽”部屋と夕食

両親の故郷でもあるので和倉温泉の加賀屋をはじめとする有名旅館の殆どに宿泊したことがある。 今は時代も変わって、旅館の手厚いサービスをベースにリゾートホテルの自由さを 兼ね備えたホテルが便利。 老舗旅館では今でも「持ち込み禁止」もあるみたいだけど・・・ コンビニが充実しているからコーヒーやらドリンクは都度、調達。 広くゆったりとした敷地、大浴場だけでなく思考を凝らした様々な風呂、プール、ブッフェスタイルの朝食。 すっかり定宿になってしまった和倉温泉“のと楽” 部屋もだいたいは1205号葵、あるいは隣の1207菊。 扉を開けると広い玄関先の廊下を中心に 左が洗面室と浴室、真ん中奥にトイレ、右の襖が部屋へとつづく 和室。ここで両親は布団を並べて寝るけれど・・・ 部屋の両端に1組ずつで写真に納まらないほどの離し様(解るけどねっ) 窓いっぱいに海。右に能登大橋 奥にはツインの洋室。私はいつもここを独り占め ここからも見えるのは一面の海と能登島 久谷焼きの洗面ボウルが2つあるからカップルなら仲良く並んで顔を洗える (親とは遠慮したい・・・) さて・・・夕食です。右上のふぐのサラダ美味かったぁ~ 先付。お料理の説明を受けたけど忘れた 独り用の船盛には 鯛・マグロのトロ・甘エビ・ハマチ・貝(?)海藻を巻いた白身の魚 お膳を下げる時に手つかずの魚を見て 『じゃ~明日はお肉に変えますねぇ~、お一人分でいいですか?』と 今…

続きを読む

「理解に苦しむ」と「解る気がする」が隣り合わせ

クタクタに疲れているせいか眠くてしょうがない。 つい、ウトウトするけど浅い眠りのせいで余計に眠いのかな・・・。 付けっ放しのTV音声がウワウワした意識に届いて夢か幻なのか・・・。 高畑淳子さんの息子、裕太容疑者の報道に絡んだ番組ばかり コメンテーターを中心に 何故、こんな事を・・・ ・・・理解に苦しむ 確かに活躍の場が確立した責任能力のある大人がすることではない。 『欲求をおさえられなかった』その一言。これが真実なんだろうと思う。 ただ、それだけ。 この3日間、ず~と母と行動を共にして、深く理解したことのひとつ。 一分、一秒、頭に浮かぶのは欲求だけ。 それが頭と心を一瞬の内に占領してしまい、ルールとか道義とか… つまりは“天使の声”のような他のコトは一切、頭にも浮かばず、心に届かない。 宿の夕食のおひつめしで私がこさえたおにぎりを もう、ひと風呂浴びて食べようか?夜中に目が覚めたら食べようか? お墓参りに持っていこうか?・・・と、おにぎりのコトしか頭に無くなって 予報の雨に備えて持ってきた雨ガッパを鞄の中に入れるようにと話しても 「うん」と返事をするだけで、バックの中にはおにぎりだった。 そして、昼食を取るために入った蕎麦屋で食べると言ってきかない。 ダメだと注意をしても「かまわない」と自分だけを許す発言。 取り上げると大声で怒りだす。 80歳を超えるボケた母と高畑容疑者を一緒にするつもりなんて無いけれど・・・ 確かに存在する自…

続きを読む