「理解に苦しむ」と「解る気がする」が隣り合わせ

クタクタに疲れているせいか眠くてしょうがない。 つい、ウトウトするけど浅い眠りのせいで余計に眠いのかな・・・。 付けっ放しのTV音声がウワウワした意識に届いて夢か幻なのか・・・。 高畑淳子さんの息子、裕太容疑者の報道に絡んだ番組ばかり コメンテーターを中心に 何故、こんな事を・・・ ・・・理解に苦しむ 確かに活躍の場が確立した責任能力のある大人がすることではない。 『欲求をおさえられなかった』その一言。これが真実なんだろうと思う。 ただ、それだけ。 この3日間、ず~と母と行動を共にして、深く理解したことのひとつ。 一分、一秒、頭に浮かぶのは欲求だけ。 それが頭と心を一瞬の内に占領してしまい、ルールとか道義とか… つまりは“天使の声”のような他のコトは一切、頭にも浮かばず、心に届かない。 宿の夕食のおひつめしで私がこさえたおにぎりを もう、ひと風呂浴びて食べようか?夜中に目が覚めたら食べようか? お墓参りに持っていこうか?・・・と、おにぎりのコトしか頭に無くなって 予報の雨に備えて持ってきた雨ガッパを鞄の中に入れるようにと話しても 「うん」と返事をするだけで、バックの中にはおにぎりだった。 そして、昼食を取るために入った蕎麦屋で食べると言ってきかない。 ダメだと注意をしても「かまわない」と自分だけを許す発言。 取り上げると大声で怒りだす。 80歳を超えるボケた母と高畑容疑者を一緒にするつもりなんて無いけれど・・・ 確かに存在する自…

続きを読む