渡ハ歴が長い分だけ、思い込みも深い…を改める

これまでは ホテルやコンドミニアムのシーズンカテゴリーとエアーチケット価格は ある程度、連動する・・・と思ってた。 つまり、宿泊施設のハイシーズン(高い)ローシーズン(安い)は 人気の高低であるからして~、飛行機の残席にも連動して 比較的、低い予算で渡ハできる上に、現地(特にワイキキ)も空いている ハズだった・・・もう過去の話しなのかぁ~? 確かに社会人の休暇の分散でハイ・ローの差は縮まっている けれど、動かない定説もある・・・価格にこだわるのならば 春休み・GW・夏季休暇・クリスマス・年末年始(裕福層の特権と妬んでしまう) このハイシーズンの前・後。 普通のサラリーマンならドヒンシュク、サービス業の人なら休みやすい お正月明けの1月9日(月曜日)で、現地出発を金曜日(4泊6日)と 土曜日(5泊7日)で、それぞれ検索してみたら デルタ航空が最安値 最安のデルタ航空でも土曜日出発は5,000円アップ(当然)JALに至ってはその差は15,000円(少し足せばネイバーアイランドへ行けるじゃん!) ↓手数料不要の航空券↓ 目的に合ったツアーの検索・予約ならJTB ところが、どっこい! ジャパンエアラインで検索してみると・・・ 現地、土曜日アウトでもこの金額。考えを改めて、仕切り直し。 励みになります。ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。 にほんブログ村

続きを読む