不機嫌を吹き飛ばした一言

若い頃は体力も気力もあって旅費を節約するために 大阪⇔ハワイを韓国経由や成田経由を利用することも多々あった。 『行きはよいよい。帰りは恐い』“とうりゃんせ”の歌のごとく 出国はワクワク感MAXの上機嫌に免税店でショッピングを楽しめたり、フライト時間も短い。 一生の内、たった一度のハワイ旅行と決め、旅程に贅を尽くした人なんかは 現地でのアレやコレやを記憶に留めて『満足じゃ~』と帰国復路の途に着くでしょうが。 私の帰国復路はてぇ~と・・・どよ~ん。 空港でフローズンヨーグルトを「コレが今年最後かぁ~」としみじみと食べるのが唯一の楽しみ。 朝、起きてほんの数時間でフライト。眠った以上に眠れない長~く窮屈なフライト時間。 成田到着後の待ち時間は免税店で時間を潰すことさえ出来ず・・・ (出国エリアと入国エリアは別で免税店の前すら通らない) 待合では皆が言葉少なく不機嫌にダラ~ンと腰を掛けたり、横になってたり・・・ 30年以上も前、伊丹空港行きの便を超~不機嫌に待つ成田空港待合室。 ビジネス出張の帰りなのか?バッチリとスーツを着た二人組の男性。 静寂を破るかのように缶ビールを開けて話し出した。 「しかし・・・やっぱりJALやなぁ~」 →私の心の中の声・・・オッサンほどJALのおねぇ~さんが好きやもんなぁ~ 「NW航空?…皆、デカイ身体で上からのしかかるように喋りよる」 →私の心の中の声・・・あっ、同じ便に乗ってたのかぁ~ 「Would you like…

続きを読む