私だって買う時は買うよ。その1

ショルダーバッグ斜めかけに、2人分の弁当を入れるトートバックで毎日の通勤。 朝、弁当の入ったトートは夜、スーパーレジ袋に変身する だから買い物がまかなえるサイズでないと…いけない。 自身のショルダーは間口も大きく容量タップリでファスナー付きの外付けポケットもあり、 便利・・・なもんかっ! 何でもポンっと放り込んで、仕舞えるのはイイんだけど、 イザ取り出そうとする時に広いカバンの中での捜索が・・・ 特に電話が鳴ってアセった時には・・・まったくもってスマートな対応が出来ずじまい。 ハイっハイ、ちゃんと気付いてますよ~ だけどねっ、肝心の携帯が見つからんのよぉ~・・・と、ゴソゴソを繰り返す そして着歴は不在着信のあ・ら・し 昨夜『みんな、すんまへ~ん』と届かぬ声で謝りながら着歴を削除した。 “大は小を兼ねる・・・を考え直す”はバッグこそっ! 思い切って、携帯が取り出しやすくて、ボディーバックのようにしっくりと体に馴染み かつ超~軽い(見た目は重そうだけど)セルーアンのショルダーバッグを買った。 本当はこんなシグネチャーは好きじゃないけど・・・機能重視で。 まぁ~、スーツを着てもイケそ~だしねっ。 さてと・・・容量は少ないから、持ち物を再考する必要がある たぶん・・・こうゆ~コトが、断捨離への近道かも?…って思う。 ・・・うんっ。なんで?・・・ウソぉ~ スマホポケットにスマホを入れたらフタがちゃんと締まらないんですけどぉ~ ブック型…

続きを読む

秋といえば

帰宅道、寄り道しなければ約33分。 最初の橋を渡っていると見上げることなく真っ直ぐな目線に綺麗なお月さま。 ほんのしばらくの間、橋の欄干に立ち、見惚れてた。 やっぱり、頭に浮かぶのはロミオとジュリエット(映画も劇も観ていないけど…)。 『あの月に誓って・・・』とロミオ 『やめて。夜ごとに形を変える月なんかに誓うのは・・・』とジュリエット 秋は人を詩人に変える・・・って本当かも。 次の2つ目の橋からはまったく見えなかった。 春には蓮華、秋に稲穂の小さな田んぼから見た月は不気味な雲が掛かかり 住宅地の街灯りが邪魔をする。 買い物を終えて自宅マンションの6階から見る月は、いつもの遠くて小さな月。 ホンマっ。その形だけじゃなく、ほんの一時間ほどで“その見え方まで”変わってしまう。 そして私の中の詩人も変身して 『月に変わってお仕置きよっ!』とは、どうゆ~意味なのか・・・と 気になり始めたら、即、検索。 美少女戦士セーラームーン(ミエをきる時のセリフしか知らない) 主人公は日本の女子中学生、月野うさぎ……わかりやすっ。 かつて月面にあった超文明国家の女王が転生した存在……たまたま、月?。 前世での超能力が覚醒した“月の戦士”として悪と闘う……やっぱり意味わからん。 秋と言えば・・・読書の秋。 あれだけ好きだった推理小説も老眼と金欠で、ここ数年、買ってもいない。 日曜日に南へ行ったのに本を買うんだったなぁ~。 アガサ・クリスティー生誕100年記念だし…

続きを読む

わが青春の1ページかな

土・日・祝のエンジョイエコカード600円で大阪での休日の一日。 現在の大阪南の三角公園付近。 我が青春時代はアメリカ村と呼んでいたけど今も? ・・・だとしたら今はもうアメリカらしい場所なんて無いけど。 昔々の水運を利用した商いの倉庫を改造して アメリカ西海岸やハワイなどからの輸入物のショップと溢れる音楽。 雑誌などの取材も多くて、この場所に“たむろ”する若者は頭のてっぺんからつま先までがサーファー気取りだった・・・丘サーファーってヤツ。 ホンマにサーフィンする輩はこんな処で散財してられない。 週末の夜から伊勢や伊良子へと行く為には、仮眠が取れる車内の改装費、ガゾリン代、高速代だけでアップアップの万年金欠。 海に行かない週末には、せいぜいが安い串カツ屋で飲んで仲間の家でゴロ寝。 今、此処で耳に聞こえる話しは東洋外国人の言葉。 心斎橋筋の商店街は数歩あるけばドラッグストアー。まるで香港のよう。 そして・・・“たこ焼き” そして私は、カカオ70%のベルギーチョコを食べに、またまたハピエ(HAPJE)へと。  チョコレートソースがアイスの上で固まってチョコスティックに。 う~ん。たまりましぇ~ん。 久々のお買い物は・・・我が青春の1ページかな・・・ “サンシャインデー”という名のついたトロピカルティー この秋、50周年を迎えたアップルタイザー もう売っていない ノアノア・ウパウパ・ボラボラ(当時1本200円)を懐かしんでグァバジュース そしてスパムの…

続きを読む