アッサリと先を越されてしまった断捨離

月末はいつものように、父2(父の親友)便が届く日。 そしていつものように、そのほとんどを“遠慮を失くし欲求だけの”母にあげた。 そんなことより・・・ 「老人ホームに入るコトに決めたらしい」と告げられる。 えっえぇ~?!・・・それでこのメッセージが書かれたお菓子なん? 実に晴れやかでイキイキとした顔に、父も心底、驚いたと。 家中のなにもかもキッパリと処分してパイプハンガーを残すのみになったとか。 そして、南米から毎年、マンゴーを送ってくれる父2の弟が帰国の予定 「やっぱり日本で死にたい」と言ったそう。 今、住んでいる所有マンションに、その弟が住んで、父2が老人ホームへ。 これまで私は、ハワイに行く度に「ここで死ねたらイイのに…」とず~と思って来たけれど この私も、いつかそんな風に心が変わるのだろうか? 感心しきりの実父に 「なんでそんなにイキイキと晴れやかな顔になったのか・・・わかる?」 と、聞いてみた。 「さぁ?サッパリしたんとちゃうかぁ~」と実父・・・まぁ、当たってるかっ。 「そうゆうのを“断捨離”と言って、執着から離れ、今を時間軸にすること…」 その先は言わずにおいた。 この場合は『死を受けいる準備』と思えて言葉にしにくかった。 ところで・・・『断捨離』を商標登録してるって知ってました? 茶道や華道のようなお家元制度みたいだねっ。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む