大は小を兼ねる・・・を考え直す

やっと2週間が経ち、“燃やせないゴミ”の回収日 脱毛症を患ったカーペットに自堕落を誘発させる座椅子を回収の位置へと。 ようやく『要る or 要らない』『捨てる or 残す』を選別するための空間を確保 そして・・・人の視角が与える印象とは不思議なモノで むき出しの床と敷かれたカーペット&座椅子の床面とは 何故かモチベーションが変わるものだ。 私はカーペット&座椅子は即、自堕落モードのスイッチが入ってしまう 剥きだし床は立って行動をする気に、わずか一票でも投票してくれる気がする。 IKEAで買った味もソッケもない、SAMLAの透明ボックス(¥299)&フタ(¥100) まず“大は小を兼ねる”の考えを改める。 おひとりさまの生活で「たくさん入る方がイイに決まってる」は危険。 大きな収納ボックスを利用すると 「まだまだ入る」→「いつか着るかも」→「役に立つかも」→「捨てるのは惜しい」となっちまう クリーニング店のたたみ仕上げのサイズ、たたんだTシャツに丁度良いサイズのBOX 種類別にこのBOX(H39×W28×D14㎝)に入る分だけ残すよう努力してみる。 内容量も洗濯1回分以下だと作業も進みやすい・・・じゃ~ないだろうか? デカい収納ケースだと、詰め込む予定モノの洗濯が数回に渡ってしまって 時間経過とともにケースの中の秩序が乱れまくり、 季節が巡って、いざ取り出す時が来たけど 肝心の目当てのモノがなかなか見つからないっ! 考えると長年、そんな事を…

続きを読む