なにかと意見が合わないヤツほど縁が深かったりする

「だよねぇ~」 「やっぱりっ!あんたもっ?」 「そう、ソレっ、まさしく私も、そう言いたかったんよっ」 こんな会話にとても飢えている もともと友達がすご~く少ない。 その少ない友達は何故か皆、地方へと行ってしまう・・・これも運命(さだめ)かっ。 なにげない会話にイチイチ突っかかってくる(…と感じてしまう)奴がいる。 本人はただ単に自分の意見を素直に言っているだけで、まったく悪気はない。 だけど、なんとなく正しいと信じてきたコトを“アホらしいコト”と思わされる。 必死の節約を続けていたおかげで、今月は月末までに家賃を払えた 預金残高がわずかでも家賃を越えていた事が嬉しかった。 給料等の収入を待って支払いをするのと、先に支払いを済ませて収入を待つのとは 気持ちの余裕が違うし、万策尽きて支払いが遅れるのは精神衛生上、悪い・・・ と思いながら、ず~と長年、生きて来たし、そのように努力して来た。 何気に仕事仲間に「今月、やっと家賃に追い付いた」と話したら 『人それぞれだけど、そんな事を気にしたコトもない』と言われ それから 『今どき銀行に行くなんて…ネットバンキングで…ワンパスワードで…』 「・・・便利に慣れ過ぎるのも、どうなんだろう?」と私。 『時代が変わるから、時代に添い、時代に合った“かしこさ”が必要』 と言われた・・・そうかもねっ。 そして現在、一番、長い時間を共有せねばならない相手だ。 自分の好きな時間に好きな事が出来る時代は素晴らしい…

続きを読む