ううっ。喪服がっキツかったすっ。

この度の、お通夜にお葬式。 おっと。私って、太ったよなぁ~・・・ボトムスは毎日、悲鳴をあげてるよなぁ~ そして、私の喪服はミセス向けの裁断では無かったハズ・・・ もう、どうにもならんよっ。 今じゃ~、急きょ、借してくれるような友人は大阪に居ないし 妹分はサイズ7号以下だし・・・ 恐る恐る袖を通す・・・イケそうだっ! だが、しかし・・・背中のファスナーをあげるときのポーズで胸郭が膨らむと ちょいヤバ・・・苦しい。 まぁ~ね。しとやかなポーズでただ座っているだけだからプツンっといくこともないだろう。 そしてパンプス。 足首から下には脂肪は巻いていないから問題無し。 毎日、毎日、たくさん歩いているのに、ヒールの細いパンプスを履いたとたんに 「今まで、いったい、どうやって歩いていたのか?」・・・とギクシャク。 往復とも、送迎バスを利用せずに電車とバスを乗り継いだもんだから 自宅マンションのエレベーターを6階で降りたとたんに、もう歩けない。 あと数メートルの玄関扉までが、足が痛くて歩けない。 エエイっ!と脱いでビックリ!黒いストッキングが白くなってた。 なんだコレっ?靴の中が、完全にモロモロと劣化しちゃってたんだねぇ~。 お寺の座敷での葬儀じゃなくて本当に良かった。 ご葬儀などは急なことであり、相応しい靴を歩きやすい靴で、 仕舞い放しにせずに、時々、取り出してメンテナンスをしておかないといけない。 また一足。オシャカでぇ~す。

続きを読む