嫌われる理由・・・続き

昨日のつづき・・・ 時々、駆け込み寺となる私は良い勉強をさせてもらったと思う。 我が道を行く私でも、回りに気を配るコトを覚えさせてもらったから。 若かかった修行の身。当然、半人前だったある時、 社内のAグループの長(稼げる技術者)が私に「私のお箸箱を知らない?」と尋ねてきた。 お昼休憩・・・弁当を囲む女性団体(これは、嫌でもしょうがない) 私は「知らないし、全員みな、〇〇さんのだって知っているハズですよっ」 彼女は「そりゃ、そうだよねぇ~、でも何処へやったんだろぉ~」 夕方、一人の後輩が私のところにやって来て秘密を打ち明ける。 「腹が立って、〇〇先輩のお箸箱をゴミ箱に捨た」と。『はぁ?~』と私。 「しかも、証拠隠滅のためにゴミ箱の中身をすべて集積場まで持って行った」と。 ・・・?!この後輩は私に、いったいどうしろっと言うのか? そのお箸箱は〇〇さんのモノだからこそ捨てられたということ。 私には想像もつかない発想だったし、そんな度胸があるんなら、ぶつかればっと思ったけど もうその箸箱を戻すことが出来ないなら、このまま秘密として共有するしかない。 しかし、こんな事が蔓延しないようにせねば・・・。でも、どうやって? 強い分子は悪気が無くても・・・弱い分子に影響を及ぼしてしまう。 弱い分子は気に入られたい欲求からなのか、自ら進んで色に染まろうと近づいていっては 少しずつ主従関係のようになり、強い方は頭に乗ってしまい弱い方は無理が溜まって鬱積する。 そし…

続きを読む

嫌われる理由

つい数日前までピコ太郎のPPAPを知らなかった。 マジです。嘘じゃないです。本当です。 情報溢れる現代に、しかも都会に住んでいて、どんな生活を送ったら私みたいになるのか? こんなブログなんかも書いたりして、一応、スマホも所有しているのに? ・・・と、お思いでしょうが、コレが私なのであります。 たまたま夜中のCS番組でクリームシチューの上田さんと一緒に出演している男性が ふと気になって、リモコン操作➡出演者の確認➡古坂大魔王となっ? この人こそが今をときめくピコ太郎だった。 なんか・・・入る順序が皆と違う・・・けど、人間の放つオーラだけはちゃんと感じる。 思い起こせば、中学・高校と・・・ こんな風なところが嫌われる理由だったんだろうなっ。・・・とつくづく思う。 「ノリが悪い」とか「水を差す」とか「場をシラけさせる」とか 嘘がつけない性格ゆえ、心の琴線に触れもしない事を“好きなフリ”もできず、 なんとか皆についてゆこうと努力なんかもせず、しかも“回りの皆と違う”コトを気にしない。 だから段々とよそよそしくなって離れていかれる、無視され始める。 だけど、今でいう“イジメ”みたいなところまではいかない。 私が顔を上げ、真っ直ぐに立ち、無視されているコトを無視してヘコたれないからだ。 この性格は大人になっても同じで、人の誘いを断わる時も繕いもせず、正直に言ってしまう。 例えば・・・ なんか用事でもあんのん?→別に。暇ちゃうの?→まぁ~そうかなっ。 ほな、なんで…

続きを読む

スリムコーチを買おうかなっ…私だって買う時は買うよ。

またですか…いつも、いつも、コウですわ。 私の冬のタイツ消費量はハンパ無い・・・   豊満に白身の肉を蓄えている身体も何故か足首から先は骨と筋と皮。 日本国内で売っている靴のほとんどはワイズ幅を示すEに2倍・3倍と幅広を競い合うかのような靴しか売っていない。 サイズが合っていてもヒールにある程度の高さがあると、ズンズンと足が前へ前へと んで・・・親指は痛くて、いつも親指のところに穴が開く えっ?…縫えば?…って?。。。確かに・・・ 縫ったことにより厚みを持ってしまった縫い目部分に足の親指がまた“頭突き”を繰り返す。 更に痛みは増す・・・ってな具合。 イタリアを中心に外国だとBサイズが売っている (ワイズは、…2A→A→B→C→D→E→2E…の順に大きくなるんだって)   これらの靴はB。 昔と違って海外旅行へも行けないし・・・まして高価な靴は買えない。 靴フェチに加えて“中敷きオタク”と言えるほどに様々な中敷き遍歴。 O脚歩行をサポートして痩せるとかゆ~EICO先生のスリムコーチ。 この手の『痩せる!』に惑わされる年齢はもう、とっくに過ぎた。 私が注目したのは 『耐圧分散することで歩行時の衝撃を吸収するハニカム構造インソール』 少々、高さのあるヒールでも足の平(?)着地部分をしっかりとホールドできれば 前へ前へと行きたがる足と“タイツの穴あき”を防げるのではないか?・・・と やっぱり・・・中敷きオタク・・・う~ん・・・どうしよう・・・ 励みにな…

続きを読む