誕生日プレゼントも辞退

先月の弟のお嫁さんの父上の告別式がピッタリ弟の誕生日で 11月1日の姪っ子の誕生日が、これまたピッタリ初七日。 『おめでとう』とは言えず、ラインなどのメッセージもパスした。 8月の私の誕生日の時に弟から送られて来たメールで 『お互い今は経済的にしんどい時期なのんで今回からプレゼントの交換を止めましょう』と。 確かに・・・姪が通う大学の費用と甥の受験などなど。 しかし、たぶんコレは“私の貧乏”を心配しての提案だったと思う。 頂くプレゼントが一つで、私が贈るプレゼントが弟、お嫁さん、姪に甥と4つになって 負担がかかることを気に咎めて、まずは最初に、私へのプレゼントを失くすことで 私の気が楽になるだろう・・・と思っての発案なのだ。 今は仕事に就いてはいるけど当初は大学生の姪に 「あんたの学業の傍らのアルバイトよりも少ない収入だ」と 自虐ネタ披露をしていたもんだから・・・ ありがたく提案を受け入れることにします。 しかし、ソレはソレ・・・ 断捨離の道すがらブランディアで取り扱いの無い、しょぼいブランド品を 姪っ子に譲ることにしようかなぁ~と。 二十歳そこそこの娘っ子にとって、いくつあっても欲しいモノだろうし・・・ これからパーティーとか友達の結婚披露宴なども出て来る歳頃だしねっ。 どうせ、売れたところで、わずか数千円、これで私の気分も晴れる。 本日、家族行事恒例の焼肉屋さんでのお誕生会へ行ってきまぁ~す。 励みになります。ポチっと応援を…い…

続きを読む