嫌われる理由・・・続き

昨日のつづき・・・ 時々、駆け込み寺となる私は良い勉強をさせてもらったと思う。 我が道を行く私でも、回りに気を配るコトを覚えさせてもらったから。 若かかった修行の身。当然、半人前だったある時、 社内のAグループの長(稼げる技術者)が私に「私のお箸箱を知らない?」と尋ねてきた。 お昼休憩・・・弁当を囲む女性団体(これは、嫌でもしょうがない) 私は「知らないし、全員みな、〇〇さんのだって知っているハズですよっ」 彼女は「そりゃ、そうだよねぇ~、でも何処へやったんだろぉ~」 夕方、一人の後輩が私のところにやって来て秘密を打ち明ける。 「腹が立って、〇〇先輩のお箸箱をゴミ箱に捨た」と。『はぁ?~』と私。 「しかも、証拠隠滅のためにゴミ箱の中身をすべて集積場まで持って行った」と。 ・・・?!この後輩は私に、いったいどうしろっと言うのか? そのお箸箱は〇〇さんのモノだからこそ捨てられたということ。 私には想像もつかない発想だったし、そんな度胸があるんなら、ぶつかればっと思ったけど もうその箸箱を戻すことが出来ないなら、このまま秘密として共有するしかない。 しかし、こんな事が蔓延しないようにせねば・・・。でも、どうやって? 強い分子は悪気が無くても・・・弱い分子に影響を及ぼしてしまう。 弱い分子は気に入られたい欲求からなのか、自ら進んで色に染まろうと近づいていっては 少しずつ主従関係のようになり、強い方は頭に乗ってしまい弱い方は無理が溜まって鬱積する。 そし…

続きを読む