貴方がいてくれるから。

ここのところ・・・月末までに家賃を支払えることもできるようになって 清水の舞台から飛び降りるようだった買い物も、 ベランダぐらいの高さまでに感じるようになって ほんの少しだけホッとしたのか・・・ 今日一日の生活を諦めないことの手段でもあったこのブログ。 書く事・・・溢れて来る「言いたいコト」も、なんだか品切れ。 そんな中での良き報せ 鳴った携帯の画面表示・・・私の人生での最大の贈り物ともいえる友達から。 今、大阪にいるという。ほんの少しでも顔が見たいと言ってくれた。 義理のお父様の四十九日のために和歌山県へ行く途中、出発を遅らせての僅かな再会。 彼女は本当に“お日様”のよう(顔も丸顔で目はまん丸)。 グチを言っても、泣き言を言っても・・・何故かそんな風に聞こえない不思議な人。 彼女ならこんな時、どう考えるか?とか、彼女ならこんな時、何をするだろう?とか 思い描くコトで、遠く離れた場所に居ても私を導いてくれる人。 お互いにうつ病に陥るようだった少し前のことを報告しあって 「でも、元気そうで良かった」と、お互いが安心して別れた駅の改札口。 それは、きっと・・・貴方がいてくれるからです。 そして今日、もう止めようかなぁ~と思っていたこのブログに・・・ 初めてコメントをいただきました。 昨日の記事・・・美空ひばりの歌声と共に世界一の桶うどんが食べられそうです。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む