財布を買った。使い始めの吉日を調べてみる

新年を迎えるにあたり買っておきたいマストバイのひとつ・・・財布。 毎年、財布を買い替えるコトは風水上でも推奨するコトのひとつ。 なにひとつ飾りっ気のない真っ黒なエナメル・・・まさしくコレこそが私好み。 そういえば・・・昔の勤務先で漏れ聞こえる女性社員達の会話では もはや、ブランド品以外は財布ではない・・・そんな扱い。 昔から代々、私が使用していた財布と呼んでいた代物は ただの巾着か、お金とカードを入れるポーチのようなランク付け。 どん底でお先まっ暗で引きこもって・・・TVを見る以外は何もするコトが無かった時 ショップ〇ャンネルでドクター〇パさんが金色のブタの貯金箱を売るために 金運を上げる・夢を叶えるための様々な“教え”&“授け”みたいな助言を みっちりと説いていたのを ( ..)φメモメモ その金色のブタの貯金箱(一万円越え)を買う以外はぜぇ~んぶ言う通りにやってみた。 その年の財布の使い始めの日・・・(もう忘れたけど) 財布に入れるために準備する硬貨(百円玉・十円玉・五円玉) そして、普段のお金の出入りには ATMで下したお金やお釣りなどの手元にやってきたお札や硬貨は そのまま財布に入れてはいけない! まず、ラベンダー色の布で拭くことが肝心だと。 これは眼鏡クロス(綺麗にふきとれる?)とそのクロス入れ それから黄色(山吹色)の布で一旦、願いを込めてお金を包んでから財布に入れる。 これは通帳や印鑑を入れる山吹色の袋 それから・・…

続きを読む

カラス?!・・・本当は違うよねっ。

おもわず・・・イイね!とポチっと応援したくなるこの張り紙。 最近、ちょくちょく利用するスーパーライフの自転車置き場。 『盗難に注意!』とか『当駐輪場での・・・責任を負いかねます』と書かずに モノを盗んでゆく悪者役を罪を問われないカラスだけに押し付けて、 このスーパーにやって来る人をすべて『お客様』と言ってるんではないだろうか。 私の実家は団地の密集地で、その昔には敷地内に子供達の姿と声が響いていたのに 今は、取り残されたかのような高齢者に中国からやって来た人々。 毎日、近所で交わされる井戸端的な話しを 母がオートリバースのカセットテープのように同じ話を繰り返し、また最初から ・・・ってな具合。 イライラに任せて「もう、エエ~てっ!」「エエ加減、しつこい!」なんて、たしなめたところで 更に頭を混乱させて娘の私に「ひどいことを言われた」とイヤな感情が残るだけだ。 だから私もこの“張り紙”を見習うことにした。 自転車の前カゴに入れておいた買い物袋をそんぐり(=そのままの意)盗まれた知人の話し・・・ 「なんで、人のモノを盗むの?」と繰り返し繰り返し私に尋ねる半ボケの母。 『たぶん・・・そうでもしないと食べるモノが無くて、死んでしまうんよ』と私。 おもいのほか・・・成功!で納得した様子の母。 とりあえず『スーパーでの盗難事件の巻』はクリアーできたかも・・・。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む

入魂のポチッ・・・が床を埋め尽くす

Nissen90%OFFの数日間 最初のお買い物から24時間以内は送料無料。毎日1点でも購入すればループで続く・・・ 結局20点を超えた“お買い上げ品の”自宅までの送料が¥421ポッキリ。 普段なら気でも狂ったか?と思うほどの数・・・ そのひとつひとつを梱包箱から取り出し、床に広げてみると足の踏み場も無くなったーーー。 アホなコトをしたのかも・・・ 先日、泣く泣く喪服をクリーニングに出して支払った代金が¥1,800(涙チョチョぎれ)。 今回の最大の目的だった寝具にまつわるエトセトラ 敷きパット=ネイビーとブラウン2枚で税込み¥626(安心?の西川リビング製品) 掛布団カバー=真っ白なマイクロファイバーのセミダブルサイズ¥723(これは60%OFF) 同じくマスタード色のサテンのシングルサイズが¥313 合計4点で¥1.662だから・・・まだファミマのコーヒーが買える。 なんて考えると・・・イイんじゃぁ~ないのぉ~。 泉州産アクリルマイヤー毛布も¥637。 古い敷パットに掛カバーは白髪染めの時の汚れ防止に(床に敷いたり、椅子にかけたりして) 最後にもう一役、かっていただき『さよぉなら~』 そして・・・こんな時でないと滅多に手が出せない白のトレナーとかも 素肌に直接のせるMサイズに重ね着できるLサイズをそれぞれ 繰り返す洗濯でヨレヨレの服はキレイサッパリ『おさらばえぇ~』。 新年を迎えるために買っておきたいモノ(もちろん消耗品)はまだま…

続きを読む