人間やる以上“過ち”と“恥じ”はツキモノじゃないか?

成宮寛貴さんのフライデー記事に突然の引退。 情報番組で特集する立場の司会進行役や出演するコメンテーターも仕事。 Twitterの反応を意識した主張もせねばならず 噂の進行役みたいなモンか・・・。 人が人として生きていくのはとんでもなく複雑で、その時々で選んだ一つの選択肢も 自分の為だったり、家族の為だったり、取り巻く環境のためだったり・・・ 何かを選んだことで、何かを捨てなければならない時が往々にしてあって そして、選んだモノも捨てたモノも時間経過の中で様変わりしてしまったりもするさ。 成宮さんの言う 『心から信頼していた友人に裏切られる』とか『複数の人が仕掛けた罠』とか いきなり情報誌フライデーに写真が載るコト自体“おかしい”し“悪意”を感じる。 心から信頼する親しい友人で撮影した本人である場合なら 自身もろとも警察へ出頭し、お互いの将来に向けてのリセットボタンだと思えるけれど。 しかし 『すべての原因を作ったのは自分自身』とあり 出版社と徹底的に争う姿勢をみせていた事務所が急に成宮さんの芸能界引退を認めたのは? 真実は見えてこないものの・・・ 彼の絶望の根拠が彼自身の尺度で計った場合の“過ち”による“恥じ”なら 人気を生業とする芸能関係各位が、その責を回避できるように・・・とするのも解る気がする。 様々な追及に対して 「彼はもう辞めて去って行った人ですから」とか 「番組の降板により代役で撮りなおしたので、もう関係無い」とか 過去の人になら…

続きを読む