カラス?!・・・本当は違うよねっ。

おもわず・・・イイね!とポチっと応援したくなるこの張り紙。 最近、ちょくちょく利用するスーパーライフの自転車置き場。 『盗難に注意!』とか『当駐輪場での・・・責任を負いかねます』と書かずに モノを盗んでゆく悪者役を罪を問われないカラスだけに押し付けて、 このスーパーにやって来る人をすべて『お客様』と言ってるんではないだろうか。 私の実家は団地の密集地で、その昔には敷地内に子供達の姿と声が響いていたのに 今は、取り残されたかのような高齢者に中国からやって来た人々。 毎日、近所で交わされる井戸端的な話しを 母がオートリバースのカセットテープのように同じ話を繰り返し、また最初から ・・・ってな具合。 イライラに任せて「もう、エエ~てっ!」「エエ加減、しつこい!」なんて、たしなめたところで 更に頭を混乱させて娘の私に「ひどいことを言われた」とイヤな感情が残るだけだ。 だから私もこの“張り紙”を見習うことにした。 自転車の前カゴに入れておいた買い物袋をそんぐり(=そのままの意)盗まれた知人の話し・・・ 「なんで、人のモノを盗むの?」と繰り返し繰り返し私に尋ねる半ボケの母。 『たぶん・・・そうでもしないと食べるモノが無くて、死んでしまうんよ』と私。 おもいのほか・・・成功!で納得した様子の母。 とりあえず『スーパーでの盗難事件の巻』はクリアーできたかも・・・。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む