金運24円通帳が24行目に到達…貧乏人の負け惜しみ

2017年、新年初の銀行詣で・・・ATM硬貨投入口にチャリ~ンと言わせる どことなく・・・わびしげな行為も24回目。 見開きページが金運を呼ぶとされる数字24で埋め尽くされて きっとこれからは「食うに困らない」生活ができると信じる・・・しかない。 これまでの人生の軌跡の中で くじ運にも金運にも恵まれた・・・なんて感じたコトなど無かった そもそも金運ってなんなんだろうか・・・? 思い浮かぶのはせいぜい ①宝くじに当たる ②遺産を相続する ③投資で成功する ・・・みたいなコトぐらい。 ①の宝くじは・・・大勢の人の夢を独り占めにしてしまうことだ ②の遺産は・・・亡くなった方の志を受け継ぐ責任を持つことだ ③の投資には・・・誰かの人生を狂わせるような失敗の上に立つことに近い お金は天下の回りもの・・・なら、身の丈にあった使い道で この世界の経済の一端を担い、得を求め、また、徳へと返す循環する環状線に 乗り続けることができればイイんじゃ~ないの?・・・そんなんじゃダメなのか? ・・・と『貧乏人の負け惜しみ』を・・・。 でも、この言葉を“私なりの捉え方”で、いつも心に持ち続けている。 人に羨ましがられるコトを幸せの尺度にしないこと。 団体から外れて独り迷子になってしまっても、私は私の琴線に触れるモノを探求する。 昨年の3月に家族でハワイ旅行を実現させた弟に 私なりの『おススメ情報』を提供しようとしてみたけど、その度ごとに 「ネェ~ちゃんに言わ…

続きを読む