1,000円札(野口英世)...Amazon編

昨年12月は調子に乗ってお金を使い過ぎた。時計の修理に...借金して眼鏡も買った。 そしてこの1月もまた・・・(~_~;) 言い訳をするつもりはないんだけどぉ~ 贅沢品じゃなく生活必需品でも、生活そのものを豊かにしてくれる なら、外せないタイミング・・・つまりは大バーゲンを利用して買っておくこともアリかと。 例えば・・・野口英世の千円札 同じ¥1.000の値打ちでも商品券となると厄介だ。 利用できるお店が限られていたり… つり銭の無いように買い物をしなくてはいけないとか… その厄介なハズの商品券で借金返済の1回目を果たせたので (父にとっても好都合で厄介払いでは決して無いっすっ。) 『商品券なら、こうはいかない』の例・・・れふあの場合をご紹介。 1,000円札の野口英世氏にAmazonを訪れてもらった結果 まずは①商品目... 簡単3ステップでフローズンができるハピモミフローズン=¥298円 大好物のフローズンヨーグルトが簡単!   シーズンが到来する前の在庫なら兄弟姉妹、一人ずつに買ってあげられる? 次に②商品目... ダブルシンクの境目に引っ掛けるスポンジ入れinterDesign シンクポーチ=208円 私ん家はもちろんダブルではない。なのに何故?…それはねっ タオルハンガーに掛けても、すぐにズレ落ちてしまうハンディタオル(朝の洗顔用)の入れ物に..。. そして③商品目... スマホ充電中とかイヤホンとか、絡まると面倒な時の…

続きを読む