北の金さん

近頃は北の金さんが何をやらかしても、もう麻痺したように驚かなくなっちゃった感。 けど、13日にマレーシアで亡くなった金兄さんのニュースはさすがに驚いた。 宮廷を舞台とする韓国歴史超大作そのままに異母兄弟を暗殺するなんて。 しかも・・・他人の陣地。 自国民に神と崇められ、号令ひとつで思うがままのテリトリー内でも 北の金さんの頭を悩ます存在や恐れる存在が無数にあるとゆ~矛盾。 繰り返す粛清も限りが無く、年々その数が増えているとか。 そしてもう一人の兄、正哲さんという人 公開肩書も無く政治的な威嚇対象ではない存在らしいけど 弟のことをどのように感じ、思っているのだろか・・・と 考えずにはいられない。 今回の実行犯・・・毒の針を持って刺した女性にとっては 自国で生き抜いて行くための手段であったのだろうし 事実上、家族や親戚を人質に獲られ“がんじがらめ”の中で選びようのない選択肢なのか? もしもマレーシア警察に逮捕された場合、どうなるのだろう。 生態系ピラミッドの『生きるが勝ち』の世界そのまま 存在意義とか生きる価値とか考えてみたところで意味をなさないものなのか 日本に住む私にとって、興味を惹かれるだけの、ただの世間話しにすぎないとゆう惨い現実。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。 命を助けよう。

続きを読む