今さら知った血管運動性鼻炎

昨日の日曜日は目覚めてから休む暇もなく ず~と鼻水を垂らしていた。 子供の頃からくしゃみをするタチで...一発で終わってくれ!とばかりに 思いっきり吐き出すクセがついてる。 つまり・・・花も恥じらう乙女の時代からオッサンのようなクシャミをする。 校舎の3階廊下で私がクシャミをすれば 階段下の廊下から『〇〇!』と私を呼ぶ声がするほどにバレバレ。 二十歳過ぎ、シンガポールのチャンギ空港に着いた途端にクシャミ&鼻水が止まらなくなり 帰国してからもこの症状は延々と続き、結局は20年間も苦しんだ。 今から考えると・・・湿気ムンムンの蒸し暑い国 (ハワイでは一切、この症状が起きないのに・・・) 特に酷かったのは真夏・・・暑い屋外から冷房の効いた室内に入った時、 逆もまた、しかり・・・ 20年もの間に評判を聞きつけては、ありとあらゆる病院に通い、高価な漢方薬を買い、 とどのつまりには30万円程もするサンゴカルシウム浄水器なんかも買ったり。 グンゼの下着で治る(化学繊維ではなく綿を着ろ・・・てことだと思う)とか 女を卒業したら治る(・・・意味不明)とか専門医からテキトーな事を言われつづけて 最後の最後、読売新聞にコラムなどを書いていた新大阪にあるアレルギー専門医から 『君の場合は逆に、アレルギーに強い。本当のアトピーだ』と言われ、医者通いを止めた。 アトピーとは ギリシャ語に由来する「奇妙なこと」「異常」「場違いな」「 とらえどころのない」の意味。 …

続きを読む