ホワイトデーは桜一色。添付されていたメモは...

実父経由便で父②(父の親友)からホワイトデーの品々。 何もかも・・・桜 百貨店の袋の中は桜一色 袋からひとつずつ取り出した底には一枚のメモ わぁ~。手書きのメッセージ?! ( ̄▽ ̄)・・・それは母。 しかも娘の名前を間違ってるし・・・誰に書いとんねんっ! 最初の行はプレゼントした靴のお礼 早速、火曜・水曜と履いたとある 今までなら・・・犬が好物の骨を地中に埋めるみたいに“どこぞに仕舞い込んだまま” 忘れてしまう母だったから、この言葉は娘の私にとって嬉しい。 このメモが入っているってコトは・・・ 袋の中をしっかりとチェックしたということだ これらの品々が欲しくて欲しくて、母の頭の中も桜一色に染まっているってこと。 毎回、毎回、父②から頂くプレゼントのほとんどを母にあげてきたし 食べられないモノ?・・・・ 自分が産んだ子供と60年近く付き合って来て、何が好きで何がキライかも 興味もないし・・・覚えようとさえしなかった人。 わざわざ最後の行で念を押さなくとも自分の手元に来ると思えんのかぁ~? 私の中の意地悪な部分が『しばらくほっといたろぉ~』と囁く。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む