死ぬまでにしたいこと...忘れた頃のおぼし召し

20日の日曜日は弟のお嫁さんの誕生会をするために恒例の焼肉屋さん。 これまた恒例のお土産に持たせるお菓子を買うために阪神百貨店へ。 催し会場のイベントは北陸物産展だった。 もうあまり時間が無い父に、父なりのバケットリストがあって・・・ その殆どが食い物にまつわる旅。 最近また、“麦わらダコ&祭り鱧”が食べたいと小豆島へ1泊2日の旅が追加された。 ひとつ。 列車に乗って北海道=トワイライトエクスプレスはもう無くなってしまったし 視覚に障害がある父の一人旅は無理。 付添人が必須となると・・・もともと日程的にも料金的にもハードルが高すぎた。 ひとつ。 飛騨高山=私の失業(ヒマ)を機会に、十二分に叶えてあげられたと思う。 父に『一番の思い出は?』と尋ねてみれば・・・ 「温泉フグ!」雪の新穂高も、赤橋のたもとの満開の桜も、世界遺産の白川郷も敵わない・・・ まだ、高山ラーメンが食べ足りないと言う始末。 ひとつ。 福井県の永平寺=ここなら父一人でもなんとか行けるだろうってんで・・・ 弟が旅費を負担して出発当日、「私も!」と母が一緒に行くと言い出し そして・・・夫婦二人の日帰り旅が実現。 JR福井駅から京福バスにて永平寺に到着。 バスを降りる時に母はステップ上段から見事に転がり落ちた。 (手すりをしっかり握りなさいと何万回言われても・・・) したがって・・・玉砂利さえ踏まずして福井駅へと逆戻り。 とても美味しいとは言えない駅そばを食べただけで自…

続きを読む