入院...お見舞いは難しい。

とても近い間柄の女性が明日、手術する。 本人とのラインでの“やり取り”上では 『ちゃっちゃと手術してスッキリしたい』と・・・。 切ってしまえば終わり的な病状だということらしい(真実でありますように) お見舞いに行くことは本当にあたりまえの常識なのか・・・と、 考えててしまうタチで、 相手はどうなんだろう?かと。 私の場合、町医者から盲腸と診断されて、大病院へ緊急搬送されるって時に 『ちょっと、まったぁ~』 搬送先に連絡だけ入れておいてくれれば自力で行くし、 ほんの数十メートル先の事務所に一旦、戻らねばと、医者・看護師を振り切り その大病院に着いてみれば、タッチの差で急患に入院部屋を奪われていて 腹を押さえながらも自力で歩く私をみた担当医が、 『なんで歩いてんの?』と・・・ 『なら、とりあえず今日は盲腸を散らす投薬で対処しよかっ』ってなって 翌日、入院に必要なアイテムをキッチリ揃えて行ってみれば、また部屋はない。 そして私は昨日よりも元気で、そのうち盲腸の炎症は、なりをひそめる。 ところが数年後の交通事故。 意識は戻ったり、また失くしたりを繰り返す中で思ったこと。 着替えを持って来て欲しいとお願いする相手。 配偶者も子供もいない私なら当然、親。 しかし・・・別所帯。 正直、『タンスの中を触ってほしくない』と思う自分にビックリした。 もともと動けず、管を通していたので下着など必要もなかったんだけど 髪は無理でも、せめて顔をまともに洗い…

続きを読む

ワイラナコーヒーハウスの空気感

古き良きアメリカンダイナー、ワイラナコーヒーハウス。 Hawaii Five OとかTVドラマの登場回数も多い。 まるで競い合うかのように様変わりしてゆくワイキキ周辺のお食事処の中で ビーチウォークやらサラトガストリートにお店を構える(移転する)ことが シェフとしても起業家としてもサクセスストーリーの指標ではあるんだろうけど・・・ 果たしてそうなのか・・・ 莫大な家賃を滞りなく支払うためのお店の努力が 本筋からズレているのでは?と私の中の意地悪な部分がささやく。 『あの店で・・・』 『あの味を・・・』 と、何度も頭に浮かんできて、自然と脚が向く・・・ そんなふうに思われることが、シェフとして外食起業家としての本望であってイイはずで 阪急のUHA味覚糖のcororoは出来れば人からプレゼントされたい。 コンビニのcororoは自分の欲求から、自ら支払って買いたいモノ。 そんな違い・・・があるものだし 宿のチェックアウトを終えて空港へ向かう2時間ほどの時間内に行って来た。 この時間は行列が出来ていて、入れないことも多いんだけど・・・ 今回はほんの数分の待ち時間。 で、いつものように・・・離れた場所から(迎えには来ない) 愛想の無い座席係のおばちゃんから『ちょっと来い』的な手招きをされる 多くの人にとっては、接客態度がなってない!と思ってしまうだろう。 しかし・・・私にとってココは日常の落ち着いた食事をする場所 👇朝でもステーキメニュー …

続きを読む

1000分の1=0.1%の確率。でも、なんの得も無い

3年半もの間、なにか当たるだろうと続けている Nissenのもらえるネット つくづく、、、クジ運の無さに今さらながらビックリする。 プレゼント懸賞に必要な代価であるコインを稼ぐためのクジ引き系 『ただ、感だけ』の・・・頭脳はまったく必要としない選択式ゲーム 確率は10分の1。3回までチャレンジできる。 3回連続であたり! その確率は10分の1の三乗、つまり1000分の1なワケ。 せっせと応募してコインを消費してはいるけど ドンドン増え続けて現在1,251,130 これが1円の価値でも持っていたなら・・・ せめて豪華賞品の際にはおひとり様5口までとか言わずに 『何口でも応募できます』だったら、潔くオールインして自滅した方が気持ちイイ のに・・・。 励みになります。ポチっと応援を…いただけたら嬉しいです。

続きを読む