その所持金で『好きなモノを買え』はアカンってっ。

恒例の月曜日、 母とのコノミヤ10%引きデーでの買い物は母のおごり。 ひとつの買い物カゴにそれぞれ別所帯の食材を入れてお会計。 父もお刺身を買うためにやって来た。 ボケ母のいつものセリフ 『なんでも好きなモノを買いなさい』と。 👆この言葉に嘘はないけれど・・・私一人の食材など、たかが知れているし 骨まで節約が染み付いた私は“お買い得品”チョイスを基本に献立を考えるから その金額だって、気兼ねするような額にもならない。 駄菓子菓子、この日は違った。 私の大好きなTARBUCKS®チルドカップに黄色赤色シール もとより今日は10%引き・・・本数もそこそこ残っている。 そしてレッドブルが198円(コンビニでは280円?)残り5本。 そしてレジ・・・合計金額¥6,732に対し、母の所持金¥4,000と小銭。 ・・・・・・レジカゴの中の両親のお買い物は 1本2000円以上の鰻に別売りのタレ、高級茶葉、高級卵、他。 『やられたっ!』・・・結局は自腹のぬか喜び 今の母の頭はもう、この状況についてこれなくなっている・・・ すかさず、私は支払いを済ませて(給料後で良かった)サッカー台へ移動 母の手にはレシートと千円札が4枚 娘の私がいくら支払ったのかと、繰り返し、繰り返し、何度も同じことを口にする母。 周りの目も気になる私はだんだんイライラしてくる。 その差額を把握したところで『あとで残金を返してあげる』と言うワケでもなし ケリ(決着)をつけることも出来…

続きを読む