料金が嵩むナビダイヤル、切り上げたいのに長くなる

幼き頃の近所“よろずや”にあった公衆電話 電電公社と呼ばれた昔のNTTが我が家にも黒電話を設置しにやってきた頃 3分間の通話の料金は10円ぐらい? 時代は変化してゆき・・・フリーダイヤル0120の登場で 私達は甘やかされた世代とも言える。 今じゃ、多くの企業・官公庁で使用されているナビダイヤル0570 修理依頼で連絡をすることに・・・。 「この通話は22.5秒ごとに10円の料金が掛かります」 👆この金額にビビッた(昔の8倍の料金)としても 諦めてしまう類の要件ではないので、受け入れるしかあるまい。 ・・・ではあるけど。 なんだかんだと通話が長~くなってしまうものだ。 だいたい初めの一言も・・・ 「ハイッ。〇〇でございます」とかじゃなくて キャッチフレーズを付けた会社部署名に担当者名 聞いている間に、話し出すタイミングを失って「もう喋ってもエエんかなっ」って感じ。 素性を告げ、連絡をした趣旨を伝え 案件№だけで、数字とアルファベットからなる10文字。 メーカー型式番号に至っては同様の全23文字。 (パソコン入力ならサクサクでも、口で伝えるのって微妙だったりする) 受けた相手側の復唱のあいだ こちとらも(^。^)y-.。o○ そして・・・そのすべてがバカ丁寧( ̄▽ ̄)。 一文字でも違ってれば『大変失礼いたしました』と、また繰り返し・・・ (22.5秒で10円やけど~) そこからがまた長くて・・・ 現場の状態について質問やら…

続きを読む