100均は学びの場であり記憶を呼び戻す場所。

ダイソーとか、CanDoとか・・・100均ショップが嫌いなんて人はいないだろう。 108円で買えるモノのジャンル幅もその品数もスゴイ!。 「あぁそうそう、こんなのが欲しかったんだわっ」とか 「なんかコレっ、気になってたんだよねっ」とか 👆もう、この時点で買う気マンマンになっちゃってるでしょっ?違う? 時々、経理の私は 税理士の先生に提出する経費のレシートやら領収書を入れる為のジップロックを買いに・・・。 ついで・・・ってかっ、三番館のコーヒー目当てに父を連れての日曜の午後 父の携帯を新しくしたコトで、充電云々のモノも必要だし (昔のガラケーなら充電器にスタンドは付属品だったのに) なにより、待ち受け画面の犬も連れ戻して(シャメを撮って設定)あげなきゃ 80歳を超える父にとっても100均は一種のレジャー施設みたいで 確実に獲得できるUFOキャッチャーと同じ。 「どうせ・・・108円やっ」とかなんとか言いながらバカスカと買い物カゴに。 小姑丸出しのご意見番である私は 「なんでコレが要るの?」とイチイチ、質問しては 「たしか・・・私の家に余っているモノが・・・」と記憶を呼び起こすヒントが満載 結局「私のをあげるから」と商品棚へと戻しまくり。 その昔、こんな頑丈な自転車キーロックチェーンがたったの100円?!と感動。 そして使用一発目に鍵そのものが根元からポキッ! 良い勉強をした・・・。 たとえ100円でも『モッタイナイ』モノがある。 100…

続きを読む