入院...お見舞いは難しい。

とても近い間柄の女性が明日、手術する。 本人とのラインでの“やり取り”上では 『ちゃっちゃと手術してスッキリしたい』と・・・。 切ってしまえば終わり的な病状だということらしい(真実でありますように) お見舞いに行くことは本当にあたりまえの常識なのか・・・と、 考えててしまうタチで、 相手はどうなんだろう?かと。 私の場合、町医者から盲腸と診断されて、大病院へ緊急搬送されるって時に 『ちょっと、まったぁ~』 搬送先に連絡だけ入れておいてくれれば自力で行くし、 ほんの数十メートル先の事務所に一旦、戻らねばと、医者・看護師を振り切り その大病院に着いてみれば、タッチの差で急患に入院部屋を奪われていて 腹を押さえながらも自力で歩く私をみた担当医が、 『なんで歩いてんの?』と・・・ 『なら、とりあえず今日は盲腸を散らす投薬で対処しよかっ』ってなって 翌日、入院に必要なアイテムをキッチリ揃えて行ってみれば、また部屋はない。 そして私は昨日よりも元気で、そのうち盲腸の炎症は、なりをひそめる。 ところが数年後の交通事故。 意識は戻ったり、また失くしたりを繰り返す中で思ったこと。 着替えを持って来て欲しいとお願いする相手。 配偶者も子供もいない私なら当然、親。 しかし・・・別所帯。 正直、『タンスの中を触ってほしくない』と思う自分にビックリした。 もともと動けず、管を通していたので下着など必要もなかったんだけど 髪は無理でも、せめて顔をまともに洗い…

続きを読む