15年ぶり?旅行会社に行ったのって・・・

国内旅行については全然、勝手がわからない私。 これもまた、私の運命(さだめ)・・・ 仲が良くなると何故か大阪を離れて行ってしまう友人・知人 会いに行く時には なんの割引もない当日のJR切符を買って、宅にお邪魔するか 御膳立てをしてくれた旅のコースに乗っかるだけだし 神戸・京都辺りの私鉄を利用した1泊旅行なんかも クーポンをこまめにチェックし、日帰り程度の予算内で チャッカリと一泊二日の充実の旅行気分満載。 しかし・・・今度は勝手が違う。麦わらダコ 6月~7月にかけての旬の蛸を食べに・・・ 終活に余念がない父親のリクエストを叶えるためだ。 『麦わらダコと祭り鱧』鱧については付き合えそうにない、ましてお金をかけてまで。 蛸といえば明石・・・大阪からだと気合を入れなくても行ける場所だ。 けど・・・一緒に旅ができるのも・・・機会は少なくなるばかり。 友人を誘い、移動時間はそんなにかけずに、ちゃんと蛸を食べて しっかり旅気分を満喫できる場所があるはずだ あとは天気次第・・・晴れ男の父 VS 雨女の娘 児島ジーンズストリートでデニムまんとかデニムバーガーを食らい 鷲羽山展望台から明石海峡の臨みながら岡山駅で買う駅弁を食べるも良し 展望レストランのメニューから選んでも良し そして、下津井の漁港辺りで蛸のエトセトラを・・・ そうすれば、倉敷美観地区内の宿泊に部屋での夕食は不要(年寄り&偏食には)だ。 朝のビュッフェでのんびり朝食を取ったあと…

続きを読む

タイミングと想定外

ボケ母は・・・まったくなんの関心も示さなかったコノミヤの応募券。 11日の締め切り直前・・・10日月曜日、恒例の母との買い物も済んで さぁ、帰ろうとしていた時に 母から差し出された応募券。 なんでこのタイミングなん? 『お金が当たる』と・・・ 福引券と勘違いしている('◇')ゞ どうやら、近所の人から「ちゃんと応募しといたか?」と念を押されたらしいけど 今一、理解できずに・・・「お金が当たる」(お買い物券が正解)の部分だけが 母の頭にダイレクトに入った様子。 だいたい、必要なモノをメモにして、買うぐらいのコトは今でも出来る母だけれど 安売りをチェックする考えにも至らないし パッケージがリニューアルしただけでもう・・・ 製品名が堂々と印刷してあって、より便利に・・・とか、新しくなりました・・・とか 記憶の中の古い映像を探しても見つからずに 売場へと案内してくれた店員さんに「コレはキッコーマンじゃない!」などと イチャモンをつけて「〇〇には売っていなかった」と戻ってくる母。 さぁ~て。どう説明すっかなぁ~。 おぉ、そうだった。ちょうど応募箱に入れる自分のを1枚を持っていたんだった。 こんなふうに、名前とか住所とか書いてから箱に入れなアカンねんよっ。 もしも当たっても、名前が書いてないと・・・ちゃんと貰えないやろぉ~。 だから、一旦、家に帰って全部、必要なコトを書いてから 明日の締め切りまでに箱に入れるから・・・それでイイ? すると意外や…

続きを読む

ゴミバトル始まる?!

現在、私が住んでいるのは以前、勤務していた賃貸住宅管理会社が管理する物件。 多額の負債を抱えて逃げるしかなかった代表者一家(同族)も それなりに利益を産んでいたこの管理会社(代表者が同じの別会社)を諦められなかったのか せめてもの借金の償いとして債権者に譲渡したのか つまびらかな真実は見えてこないまでも 影武者数名を使い、今、現在も管理会社としては存続してる。 共同住宅の管理にまつわる様々な仕事は、過去の私の業務の軌跡であり足跡だ。 いついつ工事を行います・・・つきましては・・・とか 家賃・水道料金の遅延に対する“お願い”や警告をしたためた文書とか オーナー様の財産を守ることと もう一つ、そこに住まう人たちのマナー向上に繋がる手伝いも大事な仕事。 今、個々玄関扉に投函されていたり、エントランスに貼り出されたリするどの書面にも お住まいの皆さまに安心して住んでいただけるようと。 しかし、この名分とは裏腹に・・・なんだか、ムカッとかイラッとさせるような文言が・・・ 必ずといっていいほどに書き記されている。 一部の人のマナーの悪さを注意するためとはいえ辛辣な言葉をわざわざ使用して まるで・・・神経を逆なでするかのように思える。 マナーの悪い人の特長とは・・・ナンにでもウサを晴らしたがる傾向があって 「怒られたやんけぇ~」と面白がったりするかもしれないが ごく当たり前のコトとマナーが身に付いている人にとっては、どうなんだろうか? キチンと施錠されたゴ…

続きを読む