タイミングと想定外

ボケ母は・・・まったくなんの関心も示さなかったコノミヤの応募券。 11日の締め切り直前・・・10日月曜日、恒例の母との買い物も済んで さぁ、帰ろうとしていた時に 母から差し出された応募券。 なんでこのタイミングなん? 『お金が当たる』と・・・ 福引券と勘違いしている('◇')ゞ どうやら、近所の人から「ちゃんと応募しといたか?」と念を押されたらしいけど 今一、理解できずに・・・「お金が当たる」(お買い物券が正解)の部分だけが 母の頭にダイレクトに入った様子。 だいたい、必要なモノをメモにして、買うぐらいのコトは今でも出来る母だけれど 安売りをチェックする考えにも至らないし パッケージがリニューアルしただけでもう・・・ 製品名が堂々と印刷してあって、より便利に・・・とか、新しくなりました・・・とか 記憶の中の古い映像を探しても見つからずに 売場へと案内してくれた店員さんに「コレはキッコーマンじゃない!」などと イチャモンをつけて「〇〇には売っていなかった」と戻ってくる母。 さぁ~て。どう説明すっかなぁ~。 おぉ、そうだった。ちょうど応募箱に入れる自分のを1枚を持っていたんだった。 こんなふうに、名前とか住所とか書いてから箱に入れなアカンねんよっ。 もしも当たっても、名前が書いてないと・・・ちゃんと貰えないやろぉ~。 だから、一旦、家に帰って全部、必要なコトを書いてから 明日の締め切りまでに箱に入れるから・・・それでイイ? すると意外や…

続きを読む